新型コロナウイルス感染症対策に約9億6千万円の補正予算を計上しました

更新日:令和2年3月27日

区は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、区民の皆さまの安全・安心な生活の確保を図るとともに、区内中小企業への経済的支援を行うことを目的に、令和2年度一般会計補正予算9億6682万5千円を計上しました。

 区立学校などに消毒液やマスクを配備していましたが、配備のない私立保育園・私立幼稚園・地域型保育所・認証保育所に対し、今回の補正予算で新型コロナウイルス感染症対策に必要な消毒液やマスクなどの購入費補助を行います。(1園につき50万円:計7,600万円) 

 また、「令和二年新型コロナウイルス感染症」が3月2日に中小企業信用保険法に基づくセーフティネット保証制度4号認定(突発的災害)の対象事由に指定されたことに伴い、区では3月10日より経営支援資金・経営安定化資金のあっせん要件を拡充していましたが、令和2年度も引き続き事業資金の融資あっせんを行うため、約3億3660万円を計上。その他、資金繰りに関する相談ブースの増設など、区内中小企業への支援を継続して行います。

 その他、区内の各施設におけるマスク・消毒液・検温器の購入経費として6,167万円、感染症患者対応経費として2,355万円などを計上し、新型コロナウイルス感染症対策を強化します。

 詳しくは令和2年度第1号補正予算のページをご覧ください。