マイナンバーカードの代理人受取について

更新日:令和4年4月1日

マイナンバーカードの代理人受取について

マイナンバーカードの交付は、法律の定めにより原則としてご本人の来所が必要となっています。
ただし、以下のやむを得ない理由により本人の来所が困難な場合は、代理人による受取りができます。

1.病気、身体の障害等に交付申請者の来庁が困難であると認められるとき

2.長期出張者、長期に渡航する船員などの交付申請者の来庁が困難であると認められるとき


3.交付申請者が未就学児であり来庁が困難なとき

当面の緊急措置として、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を受けて外出自粛を行っている申請者については、代理人による手続きを可能としてます。


※1および2の場合は、客観的状況を証明する書類の提出が必要になります。
※「通勤」「通学」といった、単に多忙などの理由では代理人受取りは認められません。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため完全予約制等、密を避ける対策を取っています。また、交付通知書に記載のある受取り期限を過ぎてもマイナンバーカードの受取りは可能となっております。

上記の理由により代理人受取りを希望される場合は以下のものを持参してください。
当日お持ちいただく書類に不備や不足がある場合は、受取りができませんのでご注意ください。

1.病気、身体の障害等に交付申請者の来庁が困難であると認められるとき   

 (1)来庁が困難であると客観的に判断できる出頭困難疎明資料
  (例)障害者手帳、診断書、特定医療費(指定難病)受給者証、要介護状態区分(要介護1~5)が記載された介護保険証、
     施設等に入所している施設入所証明書、入院を証明する入院計画書

 (2)個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書
   委任状欄および暗証番号欄を含めすべて記入のうえ、暗証番号欄には目隠しシールの張付や、封筒に封入するなど他人の目に触れないような状態
   でお持ちください。

 (3)申請者本人の本人確認書類
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点または顔写真付きB書類を含む3点

 (4)代理人の本人確認書類 
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点
 
 (5)通知カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (6)住民基本台帳カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (7)マイナンバーカード
   今回の受取りが2枚目以降になる方はお持ちください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 

2.長期出張者、長期に渡航する船員などの交付申請者の来庁が困難であると認められるとき

 (1)勤務先が作成した出張をしている事実を証明する書類

 (2)個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書
   委任状欄および暗証番号欄を含めすべて記入のうえ、暗証番号欄には目隠しシールの張付や、封筒に封入するなど他人の目に触れないような状態
   でお持ちください。

 (3)申請者本人の本人確認書類
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点または顔写真付きB書類を含む3点

 (4)代理人の本人確認書類 
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点
 
 (5)通知カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (6)住民基本台帳カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (7)マイナンバーカード
   今回の受取りが2枚目以降になる方はお持ちください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

3.交付申請者が未就学児であり来庁が困難なとき、新型コロナウイルス感染症の感染防止を受けて外出自粛を行っているとき

 (1)個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書
   委任状欄に申請者本人および法定代理人の氏名を連記、代理人欄に法定代理人の氏名と住所および暗証番号欄を含めすべて記入のうえ、暗証番号
   欄には目隠しシールの張付や、封筒に封入するなど他人の目に触れないような状態でお持ちください。

   ※新型コロナウイルス感染症の感染防止のため外出自粛を行っている方の場合には、事前に委任状余白欄に、申請者本人または法定代理人(親権
   者)が「新型コロナウイルス感染症の感染防止のため外出を自粛している」旨をご記入ください。交付当日記載がない場合はカードの受取りがで
   きませんのでご注意ください

 (2)申請者本人の本人確認書類
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点または顔写真付きB書類を含む3点

 (3)代理人の本人確認書類
   A書類2点またはA書類1点+B書類1点
 
 (4)通知カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (5)住民基本台帳カード
   お持ちの方のみ持参ください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

 (6)マイナンバーカード
   今回の受取りが2枚目以降になる方はお持ちください。受付時に回収いたします。紛失や既に回収されている場合は受付時にお申し出ください。

各代理要件と出頭困難疎明資料の有無


やむを得ない理由 出頭困難疎明資料の有無
病気、身体の障害など
(障害者手帳、要介護状態区分(要介護1~5)が記載された介護保険証、施設入所証明書など)
長期出張者、渡航者など
(勤務先が作成した出張している事実を証明できるもの)
未就学児
新型コロナウイルス感染防止のため外出自粛

(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書の委任状欄に「新型コロナウイルス感染症による外出自粛のため」等の記載をし、持参する)

本人確認書類について

マイナンバーカードの交付には、申請者本人であるかを確認するため本人確認をさせていただいております。
代理人受取の場合は複数枚で申請者本人と代理人の本人確認をとなるためお持ちいただくようにお願いいたします。
また、本人確認書類はA書類とB書類に分類されており、その書類によって必要な枚数が決まっているので、下表をご確認をお願いします。
※本人確認書類に不備や不足がある場合、本人確認がとれないためマイナンバーカードの受取りはできませんのでご注意ください。


【認められる本人確認書類の組合せ】 
申請者本人
A書類2点
または
A書類1点+B書類1点
または
B書類(顔写真付き)1点+B書類2点
代理人
A書類2点
または
A書類1点+B書類1点

A書類、B書類の分類としては以下のようになっております。
・A書類として分類される本人確認書類
 運転免許証、旅券、在留カード、特別永住者証明書など
・B書類として分類される本人確認書類
 健康保険証、学生証、社員証、病院の診察券(漢字表記の氏名、生年月日記載のものに限る)など
それ以外に本人確認書類として認められる書類は「マイナンバーカード交付における本人確認」(PDF : 161KB)をご確認ください。

申請者本人がA書類をお持ちでない場合、必ず顔写真付きの本人確認書類が必要となるためご用意ください。
もし、施設に入所している方、在宅介護を受けている方や法定代理人によるお子さんのマイナンバーカードの受取りの際に申請者本人が顔写真付き本人確認書類をお持ちでない場合は「顔写真付きB書類(施設長用)」(PDF : 116KB)「顔写真付きB書類(指定居宅介護支援事業者用)」(PDF : 122KB)または「顔写真付きB書類(法定代理人用)」(PDF : 90KB)をご利用ください。

代理人受取が可能な例と不可能な例

 病気、身体の障害等に交付申請者の来庁が困難であると認められるとき 

可能な例
Q.1申請者本人が施設に入所しており、来庁するのが困難であるため代理人によるマイナンバーカードの受取りをしたいと思っています。代理人の本人確認書類はそろっているのですが、申請者本人の本人確認書類がB書類のみの場合はどのようにすればよいでしょう。

A.1まずは、来庁することが困難であると証明する出頭困難疎明資料の提示が必要です。施設に入所されているとのことなので、施設長より施設に入所している入所証明書を発行してもらうようお伝えください。次に本人確認書類ですが、B書類のみになると顔写真のついたものを含めて3点の確認になります。もし、顔写真付きB書類がない場合は「顔写真付きB書類(施設長用)」(PDF : 116KB)をご利用ください。

Q.2高齢の母のマイナンバーカードを代理人受取したいと考えております。
特に施設に入所しているわけではなく、指定居宅介護支援事業サービスを受けている状況です。出頭困難疎明資料や申請者と代理人の本人確認書類は何点かあるのですが、申請者の顔写真付き証明書がありません。この場合、代理人受取りは可能でしょうか。

A.2 現在、指定居宅介護支援事業サービスを受けていらっしゃるということなので、「顔写真付きB書類(指定居宅介護支援事業者用)」(PDF : 122KB)をご利用ください。指定居宅介護支援事業者に書類を記入していただき、申請者本人の顔写真を貼付していただければ顔写真付きB書類として扱うことができます。それと併せて介護保険証やその他の本人確認書類とお持ちください。本人確認書類についてはこちら「マイナンバーカード交付における本人確認」(PDF : 161KB)をご確認ください。

不可能な例
Q.高齢の両親のマイナンバーカードの受取りに子である私が代理人となってマイナンバーカードの受取りをしたいと思っています。両親は特に病気にかかっていたり、指定居宅介護支援事業サービスや施設へ入所していたりするわけではないのですが、足腰が不自由なため来庁が困難であり代理人受取りを希望したいです。この場合代理人受取りが可能なのかを教えてください。

A.代理人受取りをする場合、申請者本人が来庁することが困難であると証明する出頭困難疎明資料の提出が必要となります。入院計画書や施設への入所証明書、障害者手帳、介護保険証が該当します。資料の提出がない場合は代理人受取りとして認められないため、大変申し訳ないのですが申請者本人の来庁をお願いいたします。
 

 長期出張者、長期に渡航する船員などの交付申請者の来庁が困難であると認められるとき


可能な例
Q.申請者本人が5カ月間出張のため自宅を離れることになりました。受取りのために来庁するのが困難なため代理人によるマイナンバーカードの受取りをしたいと思っています。勤務先からは出張期間の書かれた出張命令書を貰っており、代理人の本人確認書類は揃っています。代理人受取りをする場合ほかに何か必要なものはありますか。

A.申請者本人の本人確認書類と個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書が必要となります。本人確認書類はA書類2点またはA書類1点とB書類1点で確認させていただきます。必ず原本による確認になりますので本人確認書類のコピーなどでは本人確認書類としては認められません。また、個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書については委任状欄の記入や目隠しシールの貼付けをした上でお持ちください。

不可能な例
Q.夫が仕事の関係上多忙であり、マイナンバーカードの受取りに来庁するのが困難なため代理人受取りをしたいと思っております。代理人受取りに必要な本人確認書類は揃っているため代理人受取りを希望したいです。

A.代理人受取りはやむを得ない理由があり、本人の来庁が困難であると認められる場合は行うことが可能になります。今回のように仕事上の都合ということではやむを得ない理由として認められないので代理人受取りはできません。品川区役所では一部日曜日を除いて週7日で交付事務を行っているほか区役所以外での交付も行っていますので、お時間を見つけていただいて申請者本人との来庁をお願いいたします。

 交付申請者が未就学児であり来庁が困難なとき


可能な例
Q.2歳の子供のマイナンバーカードの受取りに来庁する予定です。まだ子供も小さく長い時間の手続きを行うのが難しいかと思い、親である自分が代理人受取りをしようかと考えております。この場合、親が代理人として受取ることができるのか、もし代理人受取りが可能であるならば必要な持ち物を教えてください。

A.代理人受取りのやむを得ない理由として、申請者本人が未就学児である場合は代理人受取りが認められます。今回は2歳のお子さんということなのでご両親の代理人受取りは可能となります。また、必要な持ち物としては代理人と申請者本人の本人確認書類が必要となっており、代理人はA書類2点またはA書類1点とB書類1点での確認となります。申請者本人はA書類2点またはA書類1点とB書類1点または顔写真付きB書類を含む3点となります。もし、顔写真付きのB書類がない場合は「顔写真付きB書類(法定代理人用)」(PDF : 90KB)をご利用ください。

不可能な例
Q.中学生の子供のマイナンバーカードの代理人受取りに親の私が来庁する予定です。本人は部活動に所属しており、土日とも活動しております。そのため来庁が困難なので代理人受取りを予定しています。旅券を持っているため本人確認書類は揃っているのですが、代理人受取りは可能でしょうか。

A.代理人受取りはやむを得ない理由があり、本人の来庁が困難であると認められる場合は行うことが可能になります。今回のように学校への通学や部活動といった理由ではやむを得ない理由として認められないので代理人受取りはできません。品川区役所では一部日曜日を除いて週7日で交付事務を行っているほか区役所以外での交付も行っていますので、お時間を見つけていただいて申請者本人との来庁をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため外出自粛を行っているとき


可能な例
Q.私と妻、子ども2人のマイナンバーカードの代理人受取りに夫である私が来庁する予定です。昨今の新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、私が代表して、家族分のカード受け取りたいと考えています。本人確認書類として、私と妻は免許証と保険証があります。子供2人については保険証と医療証があり、旅券も持っていたと思います。この場合、私一人で家族のマイナンバーカードを受取ることは可能でしょうか。

A.代理人受取りの際の本人確認として、申請者本人はA書類2点またはA書類1点とB書類1点または顔写真付きB書類を含む3点が必要となります。奥様については、免許証をお持ちということなので保険証と合わせてお持ちください。お子さんについては、旅券があればそちらと保険証または医療証をお持ちしていただきたいのと、もしなければ、「顔写真付きB書類(法定代理人用)」(PDF : 90KB)をご利用いただき、保険証と医療証と合わせてお持ちください。また、申請者全員分の個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書も必要となるので、委任状欄に「新型コロナウイルス感染症による外出自粛のため」等記載をしていただきお持ち下さい。

不可能な例
Q.新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、主人のマイナンバーカードの代理人受取りを妻である私が来庁する予定です。すでに予約を取っている状態で、本人確認書類は揃っているのですが、主人が個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書を紛失してしまったみたいです。紛失してしまった場合でも代理人受取りは可能なのか、もし可能でないのであればどのように対応をしたらよいのでしょうか。

A.新型コロナウイルス感染症の感染防止のため代理人受取りをする場合には個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書の委任状欄に「新型コロナウイルス感染症による外出自粛のため」等の記載をした上でお持ちしていただく必要があります。紛失や当日お持ちにならなかった場合、委任状欄に記載がない場合はお受取りをすることはできません。そのため紛失をしてしまった場合には、個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書の再送が必要となりますのでお早めにご連絡をお願いいたします。
お問い合わせ

戸籍住民課 住民異動担当
   電話:03-5742-6660  FAX:03-5709-7625