住宅金融機構グリーンボンド

更新日:令和2年11月25日

住宅金融支援機構発行の「住宅金融機構グリーンボンド」への投資について(令和2年11月20日)

このたび、住宅金融支援機構発行の「住宅金融機構グリーンボンド」に投資したことをお知らせします。
住宅金融支援機構では、省エネルギー性や耐震性など質の高い住宅を取得する場合に、借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sを実施しています。住宅金融機構グリーンボンドは、【フラット35】Sのうち「省エネルギー性に関する技術基準」を満たす新築住宅を対象としています。

品川区ではSDGs(持続可能な開発目標)への取組の1つとして、資金の運用においては、安全性や運用効率を確保しながら、今後もSDGs債(ESG債)を活用してまいります。

※SDGs債とは、グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドなどの総称であり、環境・社会課題解決を目的とした資金調達として発行される債権です。SDGs債の中でグリーンボンドは環境事業や気候変動などの課題解決に要する資金を調達するために発行する債券です。
住宅金融機構グリーンボンドは、環境省の「平成30年度グリーンボンド発行モデル創出事業に係るモデル発行事例」として選定され、環境省が作成した「グリーンボンドガイドライン2017年版」※に適合していることが確認されています。また、今年度についても同一のフレームワークで発行されています。
※ グリーンボンドガイドライン2017年版とは、国際的に広く認知されている「グリーンボンド原則」との整合性に配慮しつつ、グリーンボンドに係る具体例や解釈を示したもので、国内におけるグリーンボンドの発行と投資をさらに拡大させることを目的として、環境省が2017年3月に作成したものです。

お問い合わせ

会計管理室 資金担当
 電話:03-5742-6805
 FAX:03-5742-6888