グローバルナビゲーション

給与所得者の住民税額の計算例

更新日:2016年2月15日

ケース1 給与所得者の場合

設定条件

  1. 家族構成…夫婦、子供2人(妻子は所得なし、子は17歳と22歳)
  2. 給与収入……………5,670,000円
  3. 社会保険料支払額……420,000円
  4. 一般生命保険支払額(旧契約)…120,000円
  5. 個人年金支払額………0円

所得割の計算

給与所得金額

5,670,000÷4=1,417,000 (千円未満切捨て)

1,417,000×3.2-540,000=3,994,400円…A

→給与所得の求め方はこちら

所得控除金額

社会保険料控除

420,000円

 

生命保険料控除

35,000円

 

配偶者控除

330,000円

 

扶養控除

330,000+450,000=780,000円

 

基礎控除

330,000円

 

所得控除計

1,895,000円

…B

→所得控除の種類と控除額はこちら

課税標準額(課税所得金額)(A-B)

3,994,400-1,895,000=2,099,000円(千円未満切捨て)…C

所得割額(C×税率)

都民税     2,099,000×4%=83,960円…D

特別区民税  2,099,000×6%=125,940円…E

調整控除額  {人的控除の差額合計-(合計課税所得金額-2,000,000円)}×5%(都2%、区3%)

都民税     {330,000-(2,099,000-2,000,000)}×2%=4,620円…F

特別区民税  {330,000-(2,099,000-2,000,000)}×3%=6,930円…G

→調整控除についてはこちら

調整控除後の所得割

都民税(D-F)   83,960-4,620=79,300円(百円未満切捨て)…H

特別区民税(E-G) 125,940-6,930=119,000円(百円未満切捨て)…I

均等割額

都民税    1,500円…J

特別区民税  3,500円…K

住民税額

都民税(H+J)    79,300+1,500=80,800円

特別区民税(I+K)  119,000+3,500=122,500円

 

年税額  80,800+122,500=203,300円

 

※戻る場合はブラウザの戻るボタンを使用してください。

お問い合わせ

税務課 課税担当 03-5742-6663~6