ホーム > 品川歴史館について

品川歴史館とは

  品川歴史館は、郷土資料の保存と活用、区民文化の向上を目的に1985年(昭和60)に開館しました。
日本考古学発祥の地といわれる大森貝塚と、東海道第一の宿場として栄えた品川宿を中心にした常設展示では、原始・古代から現代にいたるまでの品川の歴史を学ぶことができます。
  また、日本庭園を望む書院を備えており、茶道など伝統的文化活動の場としても利用されています。

施設案内

  品川歴史館には、書院と図書資料室があります。
  書院は、昭和初期に建てられ、戦後は茶事などに利用されていた建物の、大広間の建築部材をできる限り再使用し、同じ形で復元したものです。お茶会・華道・俳句など伝統的文化活動にご利用いただけます。
  図書資料室は、歴史研究などにご利用いただけます。
  また、当館では様々なグッズも販売しております。

来館案内

開館日時
◎開館時間 午前9時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
◎休館日  月曜日、祝日(日曜日と重なった場合は開館、月曜日と重なった場合はその翌日も休館)、年末年始
      ※展示替え、資料室燻蒸などの臨時休館もあります。