ホーム > 催し物・講座

展示・講座

  品川歴史館では、特別展・企画展などの展示、講演会、一般向けや子ども向けの様々な講座を開催しています。

  本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe Reader(無償提供)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe Readerをダウンロードして下さい。
Adobe Reader

令和3年度

品川歴史館特別展「変わりゆく品川の風景」

昭和54年(1979)の八潮誕生により、品川区は、品川・大崎・大井・荏原・八潮の5地区で構成されることになりました。当館が所蔵する江戸時代から明治時代の浮世絵や、大正・昭和時代のスケッチと近代版画といった絵画資料、そして震災や戦災、急激に移り変わるまちの風景を写した写真や絵葉書は、各地域の歴史をいまに伝えています。本展では、江戸から昭和にかけての品川の風景を紹介します。

開催期間 10月9日(土曜日)から12月5日(日曜日)
休館日 月曜日
観覧料 一般300円、小・中学生100円
(20人以上の団体は2割引。70歳以上の方、障害のある方、品川区内の小・中学生は無料。常設展示の観覧も上記の料金になります。)
その他 10月4日(月曜日)から10月8日(金曜日)、12月6日(月曜日)から10日(金曜日)は、展示替えのため臨時休館します。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、開館日等に変更が生じる可能性があります。

主な展示史料



歌川広重初代「東海道五拾三次之内 品川 日之出」(当館所蔵)
展示期間:10月9日(土)から10月22日(金)


竹内重雄「チンチン京浜電車 大森海岸~大森駅間(建物はガス電気工業)(大正十年)」(当館所蔵)
展示期間:10月9日(土)から11月4日(木)(11月5日以降は複製展示)


大正14年(1925)の大崎橋と目黒川(当館所蔵)
展示期間:10月9日(土)から12月5日(日)通期パネル展示


川瀬巴水「品川」(当館所蔵)
展示期間:11月12日(金)から12月5日(日)

特別展記念イベント

・学芸員による展示解説
日にち
テーマ
10月16日(土曜日)「江戸と東京の名所・品川」
11月13日(土曜日)「関東大震災前後の品川」
12月5日(日曜日)「写真が記録した品川の発展」
時間 いずれも午後2時から3時
会場 品川歴史館2階講堂
定員 30名(申し込み不要、先着順)
参加方法 当日、直接品川歴史館2階講堂へお越しください。
※特別展の観覧料が必要です。

子ども歴史展示コーナー「どう変わった?身のまわりの便利な道具」

明治から昭和にかけての時代はどんな道具を使って暮らしていたのでしょうか。衣食住にまつわる昔の道具を展示しますので、ぜひお越しください。

開催期間 7月11日(日曜日)から10月3日(日曜日)
休館日 月曜日、祝日(8月8日を除く)、8月10日(火曜日)、9月21日(火曜日)
観覧料 一般100円、小・中学生50円
(20人以上の団体は2割引。品川区立の小・中学生、70歳以上の方、障害のある方は無料)
その他 観覧料は、常設展示の観覧料を含みます。

品川歴史館コーナー展「1964東京オリンピックと品川」

 約57年前の1964年(昭和39年)、東京において第18回オリンピック競技大会が開催されました。この時の品川区は競技開催地にはなりませんでしたが、区内を聖火ランナーが走り、多くの人が第一京浜(国道15号線)や山手通り(環状6号線)の沿道に集まりました。
 本展では、区内の方から寄せられた1964年のオリンピック関連資料や、区所蔵の写真(パネル展示)などを展示します。

開催期間 3月27日(土曜日)から10月3日(日曜日)
休館日 月曜日、祝日(日曜日と重なった場合開館)、祝日が月曜日の場合、その翌日も休館
ただし5月3日(月曜日)から5日(水曜日)は開館し、5月6日(木曜日)は休館します。
観覧料 一般100円、小・中学生50円
(20人以上の団体は2割引、70歳以上の方、障害のある方、品川区立の小・中学生は無料)
その他 3月22日(月曜日)から26日(金曜日)は、展示替えなどのため臨時休館します。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、開館日等に変更が生じる可能性があります。

主な展示資料

2019corner01.jpg
1964年聖火リレー伴走者用ランニングシャツ
(品川区文化スポーツ振興部オリンピック・パラリンピック準備課提供)

2019coener02.jpg
1964年聖火リレー参加記念バッジ
(品川区文化スポーツ振興部オリンピック・パラリンピック準備課提供)

まち歩きアプリ「ココシル品川・大森貝塚」サービス開始

品川歴史館は令和2年2月1日から、まち歩きアプリ「ココシル品川・大森貝塚」のサービスを開始しました。
このアプリは、縄文時代の風景をAR(拡張現実)を使って体験したり、大森貝塚発掘にまつわるスポットを散策したりすることができます。

利用は、iOS端末「AppStore」、Android端末「Google Play」から「ココシル」を検索・インストールし、ココシルアプリを起動後、ココシルセレクト(地域選択画面)で「ココシル品川・大森貝塚」を選択します。利用料は無料です(アプリのダウンロード、情報の受信などに掛かる通信料は利用者の負担になります。)。
※使用できる端末は、iOS11以上のiOS端末、Android6.0以上のAndroid端末になります。

AR体験 縄文時代の風景、人々の生活をCGで再現。大森貝塚遺跡庭園、大井水神公園でスマートフォンを使って、その場所で暮らしていた人々の生活や、遺跡発掘時の様子を、親しみあるイラストを介してタイムスリップしたかのように体験できます。
OSのバージョン(Android8.1未満)や端末のスペックによって、機能が制限される場合やアプリの最新バージョンがダウンロードできない場合があります。
ツアーコース 大森貝塚は、明治10年(1877)にアメリカの動物学者エドワード・S・モースによって日本で初めて科学的な発掘調査が行われたことから、「日本考古学発祥の地」として知られています。周辺には記念碑等が存在し、その功績を現在に伝えています。当時の様子に思いを馳せ、大森貝塚発掘にまつわるスポットを散策してみましょう!
スタンプラリー&フォトフレーム スタンプを1つ取得するごとに、フォトフレームが取得できます(全5種類)。全部のスタンプを集めた画面を品川歴史館で提示すると、記念品をプレゼント!(先着順。数に限りがあります)

全部のスタンプを集めて品川歴史館で画面を提示すると、特製クリアファイルがもらえるよ。
スタンプを集めてクリアファイルをゲットしよう!
cinamoroll.jpg
品川歴史館 特製クリアファイル
©2001, 2020 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No. G603955

過去の展示・講座一覧