ホーム > 出版物 > 図書の郵送販売について

図書の郵送販売について

   図書の郵送販売も承っています。
   ご希望の書名、送付先住所・氏名・電話番号を記載したメモに、代金(定額小為替)と郵送料(切手)を添えて、下記までご郵送ください。代金・郵送料は以下の一覧表でご確認ください。

※郵送料はいずれも1冊の場合です。2冊以上お求めの場合は事前にお問い合わせください。

郵送・お問い合わせ先

〒140-0014  東京都品川区大井6-11-1
品川区立品川歴史館
電話:03-3777-4060

代金・郵送料一覧表 展示図録

書名 代金
(定額小為替)
郵送料
(切手)
品川の学童集団疎開資料 1,800 注1
(欄外参照)
江戸の名僧 澤庵宗彭 1,000 310
江戸のあそび 1,000 215
江戸の学問 ‐賀茂真淵とその周辺‐ 1,000 310
高村智恵子 紙絵とその生涯 1,000 215
江戸近郊名所づくし 広重「名所江戸百景」へのみち 1,000 215
東海道中近代膝栗毛 ‐歩く旅と鉄道の旅‐ 1,000 310
鎌倉武士西に走り、トランジスタ海を渡る
‐品川から巣立ったひと・もの・情報展‐
1,000 310
むさしの国 荏原 1,000 310
大井 ‐海に発展するまち‐ 1,000 360
日本考古学は品川から始まった
‐大森貝塚と東京の貝塚‐
1,000 360
東京湾と品川 ‐よみがえる中世の港町‐ 増補改訂版 1,000 360
品川御台場 ‐幕末期江戸湾防備の拠点‐ 増補改訂版 1,000 360
大井に大仏(おおぼとけ)がやってきた!
‐養玉院如来寺の歴史と寺宝‐
1,000 360
品川から世界へ サムライ海を渡る
‐幕末明治の日本と外交使節団‐
1,000 360
東海道品川宿 1,000 360
品川産業事始 ‐日本を支えた近代産業群‐ 1,000 360
大崎・五反田 -徳川幕府直轄領の村々- 1,000 360
明治維新 -そのとき品川は- 1,000 310
中世寺院と品川 -妙国寺の歴史と寺宝- 1,000 360
広がる品川臨海部 -新地開発から八潮地域の誕生まで 1,000 360
変わりゆく品川の風景 1,000 360
注1 「ゆうパック」でのお取り扱いになります。詳しくはお問い合わせください。


品川歴史館紀要

書名 代金
(定額小為替)
郵送料
(切手)
品川歴史館紀要 1 800 180
品川歴史館紀要 2 1,300 215
品川歴史館紀要 3 1,300 215
品川歴史館紀要 4 1,300 215
品川歴史館紀要 5 1,000 215
品川歴史館紀要 6 1,000 215
品川歴史館紀要 7 1,000 215
品川歴史館紀要 8 1,000 215
品川歴史館紀要 9 1,000 215
品川歴史館紀要 10 1,000 215
品川歴史館紀要 11 1,000 215
品川歴史館紀要 12 1,000 215
品川歴史館紀要 13 1,000 310
品川歴史館紀要 14 1,000 215
品川歴史館紀要 15 1,000 215
品川歴史館紀要 16 1,000 215
品川歴史館紀要 17 1,000 215
品川歴史館紀要 18 1,000 215
品川歴史館紀要 19 1,000 215
品川歴史館紀要 20 1,000 310
品川歴史館紀要 21 1,000 310
品川歴史館紀要 22 1,000 310
品川歴史館紀要 23 1,000 310
品川歴史館紀要 25 1,000 310
品川歴史館紀要 26 1,000 310
品川歴史館紀要 27 1,000 310
品川歴史館紀要 28 1,000 310
品川歴史館紀要 29 1,000 310
品川歴史館紀要 30 1,000 360
品川歴史館紀要 31 1,000 310
品川歴史館紀要 32 1,000 310
品川歴史館紀要 33 1,000 310
品川歴史館紀要 34 1,000 310
品川歴史館紀要 35 1,000 310
品川歴史館紀要 36 1,000 310