グローバルナビゲーション

ひとり親家庭自立支援給付金事業

更新日:2018年3月27日

ひとり親家庭の経済的自立を促進するため、「就業に結びつきやすい技術や資格を得たい」「能力を高め増収を図りたい」というひとり親家庭のお母さんやお父さんに、次の給付金を支給します。

自立支援教育訓練給付金

主体的な能力開発の取り組みを支援するため、母子家庭の母または父子家庭の父が対象の教育訓練を受講し修了した場合、経費の60%(12,001円~200,000円)を支給します。雇用保険法に基づく一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方は、その支給額との差額を支給します。

対象者

品川区に住所を有するひとり親家庭の母または父で、以下の要件すべてを満たしている方

1.20歳未満の児童を扶養していること。

2.児童扶養手当を受給していること。または同等の所得水準であること。

3.教育訓練講座を受講することが就業に必要と認められること。

4.過去に本事業に基づく給付金を受給していないこと。

対象講座

雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座

申請の流れ

1.受講の申し込みをする前に、まずは子ども家庭支援課にご連絡ください。電話で来所相談日を調整します。

 ※原則、申込後は受け付けられませんのでご注意ください。

2.来所相談後、講座指定申請を行ってください。

3.講座に申し込み、受講してください。

4.講座終了後、1か月以内に給付金支給申請を行ってください。

 

高等職業訓練促進給付金等

母子家庭の母または父子家庭の父が資格取得のため1年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活の負担軽減のため高等職業訓練促進給付金を支給するとともに、修了後には高等職業訓練修了支援給付金を支給します。

支給額・支給期間

 

住民税非課税世帯

住民税課税世帯

支給期間

高等職業訓練促進給付金

月額100,000円

月額70,500円

修業期間の全期間(上限3年)

高等職業訓練修了支援給付金

50,000円

25,000円

修了後に支給

対象者

品川区に住所を有するひとり親家庭の母または父で、以下の要件すべてを満たしている方

1.20歳未満の児童を扶養していること。

2.児童扶養手当を受給していること。または同等の所得水準であること。

3.対象資格を取得するために養成機関において1年以上の課程を修業し、その資格取得が見込まれること。

4.就業または育児と修業の両立が困難であると認められること。

5.過去に本事業に基づく給付金を受給していないこと。

6.職業訓練受講給付金(求職者支援制度)や訓練延長給付、教育訓練支援給付金等、本事業と同趣旨の給付金を受給していないこと。 

対象資格

看護師、准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、作業療法士、保健師、助産師、理容師、美容師、歯科衛生士、製菓衛生師、社会福祉士、調理師等

申請の流れ

1.子ども家庭支援課にご連絡ください。電話で来所相談日を調整します。

2.予約日に子ども家庭支援課に来所してください。相談時にお聞きする資格取得の意欲や生活状況によっては、必要性が認められない場合がありますのでご了承ください。

3.修業開始日以降に必要書類をそろえて支給申請を行ってください。給付金は、申請のあった日の属する月から支給します。

4.修了支援給付金については、養成機関修了後30日以内に申請を行ってください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

子ども家庭支援課 ひとり親相談担当
電話:03-5742-6589
FAX:03-5742-6387