品川歴史館

更新日:2021年5月11日

緊急事態宣言の延長に伴い、臨時休館期間を令和3年5月31日(月曜日)まで延長いたします。
5月18日、19日に予定していた松滴庵公開と無料観覧も中止とさせていただきます。
展示を楽しみにしていた皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

品川歴史館は、品川区の貴重な文化と歴史にかかわる史料の収集・保存とともに行政資料の保存も行っています。また、地域史をはじめ歴史を幅広く学ぶ歴史の学習の場としての機能を備えています。茶室や書院、庭園も備えており、書院は茶道、華道や俳句などの伝統的文化活動の場としても利用できます。 現在募集中の講座・開催中の展示については品川歴史館のホームページ(別ウィンドウ表示)をご覧ください。
品川歴史館

展示

「モース博士と大森貝塚」「東海道と品川宿」の二つのテーマを柱に原始古代から現代までの品川の歴史を分かりやすく展示しています。また、特別展・企画展も随時開催しています。

観覧料
一般100円、小中学生50円、70歳以上の高齢者・障害のある方・品川区立の小中学生は無料
(特別展開催中は別料金となります)

講座

成人対象の歴史講座・古文書入門講座、小学生や保護者対象の親子歴史講座などの講座を実施しています。

出版

品川歴史館紀要、各種特別展図録などを出版しています。

伝統的文化活動

書院は、茶会・句会などの伝統的文化活動の場としてご利用いただけます(有料)。また芝生の広がる日本庭園にある「水琴窟」で、水の音を楽しむことができます。

その他に、図書資料室(蔵書:約1万6千冊)を歴史学習の場として一般に開放しています。

品川歴史館リニューアル基本計画

 品川区では、開館から34年が経過して老朽化が進んでいることから、令和元年度に「品川歴史館リニューアル基本計画策定支援アドバイザー会議」を設置し、品川歴史館のリニューアルについて検討を進めてまいりました。そして、令和2年3月に「品川歴史館リニューアル基本計画」を策定いたしました。
 今後、本計画に基づきリニューアルを進めてまいります。

history_keikaku.jpg

品川歴史館リニューアル基本計画(本編)【PDF:8.3MB】

品川歴史館リニューアル基本計画(資料編)【PDF:3.3MB】

品川歴史館リニューアル基本計画(概要版)【PDF:3.9MB】

施設概要

所在地
大井6-11-1 [地図]
電話
03-3777-4060
交通
JR・東急・りんかい線大井町駅から東急バス「池上駅行」または「蒲田駅行」で「鹿島神社前」下車徒歩1分、JR大森駅北口下車徒歩10分
施設内容
展示室、書院、茶室、講堂、小講堂
開館時間
午前9時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日、祝日(日曜日と重なった場合は開館、月曜日と重なった場合はその翌日も休館)、年末年始、展示替期間
■携帯型ヒアリングループの貸し出し
 貸室をご利用される方へ、携帯型ヒアリングループを貸し出します。
利用条件
 (1)予約されている施設内でご利用いただけます。
 (2)ヒアリングループのご利用は、無料です。
 (3)運搬および設置は、利用される方にお願いします。
 (4)利用を希望される方は、施設の予約をする際または予約後に、お申し出願います。
 (5)貸し出しは先着順ですので、ご希望に添えない場合があります。

品川歴史館のホームページ(別ウィンドウ表示)