グローバルナビゲーション

公立保育園に通うお子さんの保護者を対象とした一日保育士体験

更新日:2018年9月3日

一日保育士体験とは、公立保育園在園児の保護者を対象とし保育士の仕事を体験する事業です。

学んでほしい子どもの接し方、知ってほしい子どものすがた


保護者の方は、我が子以外の大勢の子どもとふれあうことで、育児に対する視野を広げ、家庭でのしつけのヒントを得る良い機会になります。
保育士は、保育内容を保護者にわかりやすく説明することで、自らの保育を振り返るとともに、技量を磨く機会になります。
保護者と保育士がともに子どもの育ちを理解することで、相互の信頼関係をさらに深め、子どもにとってより豊かな成育環境を築きます。
1日保育士体験屋内の様子

対象・実施内容

●対象・日時
・保育園に在園する子どもの保護者を対象に、実施しています。
・午前9時から午後5時までの8時間
 ※30年度より、午前9時から午後1時のプログラムも実施しています。
・子どもが在籍している保育園長に対し、体験希望日の2か月前から3日前までに申し込んでください。

●実施内容
・お子さんのクラスに入り、保育士の仕事を体験します。
・朝の受け入れから、クラス活動、給食、午睡、おやつ、自由遊び、夕方の引渡しまで、お子さんと一緒に一日を過ごし、「生活、遊び、学び」を体験します。
1日保育士体験滑り台の様子

参加者の声

29年度は、以下のような感想が寄せられました。
・「子どもを注意する際の保育士の方々の、やさしく諭すような対応が大変勉強になった。」
・「手をつないで散歩に出て、子どもたちとたくさんお話をして楽しかったです。」
・「子どもたちの体力には大変驚き、さすが5歳児だと思いました。午前中のみで短い時間でしたが素敵な時間でした。」                                
・「思わず手を貸したくなることが多いのですが、余裕をもって見守れば、子どもたちはどんどん成長するのだろうなと感じました。」
・「子どもを叱らずに、注目をこちらへ向け、伝えたいことを伝える方法がとても参考になり、感心しました。」
・「保育士の立場に立てたことが良い勉強になりました。日中の保育園の様子に対してイメージを持つことができた。」
1日保育士体験園庭の様子

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保育課施設・運営係
03-5742-6724