グローバルナビゲーション

「英語少し通じます商店街」プロジェクト開始

更新日:2015年4月22日

片言英語でもおもてなし
家族総出で英会話会計も少し英語で英会話にちょっと戸惑いも時には講師の補助も笑顔でおもてなし真心込めての接遇に気配り和菓子の良さを英語で心のこもったおもてなし
4月3日(木)、「英語少し通じます商店街」プロジェクトが、旧東海道周辺商店街(北品川1・2丁目)で行われました。

これは、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴いスタートした事業の一つです。

「英語少し通じます商店街」プロジェクトは、商店街の店員が流暢な英会話を習得するのではなく、そのタイトルのとおり「少し」の英語に「おもてなし」の気持ちを込めて、外国人観光客を積極的に受け入れる雰囲気を地域全体で作り上げることを目的としています。

プロジェクトの第一弾は、外国人にも人気のある旧東海道周辺商店街で行われました。

この日参加したのは、八百屋、煎餅屋、リサイクルショップ、お茶屋、和菓子屋の5軒です。お客さん役を務めたのは、品川区国際友好協会の英会話講師2人と、旧東海道沿いにあるゲストハウス品川宿に宿泊中の外国人観光客1人。

5カ所の店舗で実際に英語で買い物をしてもらい、英語講師のサポートを受けながら、店主は最低限のキーフレーズを駆使して、英語による接客に挑戦するという実践的な英会話講座です。

英会話は苦手という「せんべい処あきおか」(北品川2-2-8)の秋岡久良子さんは、「いや~疲れました。難しかったけど、ちょっとでも通じるとうれしいね」と笑顔で話していました。

また、和菓子屋「木村家」(北品川2-9-23)の木村眞基さんは、「英語がうまく話せなくても、一生懸命に接客することで相手にも伝わる。それが『おもてなし』なんだと思いました」と感想を述べていました。

参加した外国人からは、「食べ物や珍しいものがあると買い物しやすい」「店先に簡単な英語ポスターが貼ってあると店内に入りやすい」など、外国人観光客の視点から様々なアドバイスをしていました。

今後は、メニューや商品名などを英語表記したり、「英語少し通じます」の英字看板を掲げたりして、地域に根付いた取り組みとなるようにプロジェクトを継続実施する予定です。