グローバルナビゲーション

品川子育てメッセ2014 今年はスクエア荏原で開催

更新日:2014年7月8日

品川子育てメッセ2014
品川子育てメッセ2014品川子育てメッセ2014品川子育てメッセ2014品川子育てメッセ2014
7月4日(金)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で、「品川子育てメッセ2014」が行われ、約2,600人が会場を訪れました。

7回目を迎えた同メッセですが、回を重ねるごとに規模も大きくなり、今回初めて会場をスクエア荏原に移して開催されました。品川子育てメッセ実行委員会と子育て支援団体のNPO法人「ふれあいの家-おばちゃんち」、品川区の3者共催で実施しており、今年は行政、民間、NPO、自主グループ、地元商店街や企業など62団体が参加。1階はイベントホール、ひらつかホール、2階のアリーナ、3階の大・中会議室、4階の第1~5小会議室などを舞台とした一大イベントとなりました。

子育て前、最中の母親にとっては、子育てネットワークづくりのきっかけとなる場です。先輩ママにいろいろと話を聞くことができる「初めてママおはなし広場」や、近所で子育てをしている方同士が、会場で出会って情報交換しやすくするための工夫として、来場者全員に入場時に居住地区ごとに色分けされたリストバンドを配布しました。

また、子どもを飽きさせないために「おもちゃのひろば」「新聞紙プレイランド」「楽しい障害物いっぱい わくわく冒険コース」などを設置しました。

会場を訪れた濱野区長は「今、品川区では若いお母さんが増えています。子育てには、いろいろな知恵が必要です。この子育てメッセで、同じように子育てしているお母さん同士が知り合い、交流しながら情報を交換する場として活用していただければと思います」と話し、各ブースを見学して回りました。