グローバルナビゲーション

大井認知症高齢者グループホーム落成式

更新日:2015年7月22日

グループホーム外観
グループホーム区長挨拶グループホーム表示グループホーム和室
品川区は、区民から寄贈された品川区大井6-20-5の区有地(約275平方メートル)に「大井認知症高齢者グループホーム」が竣工し、7月22日(水)、濱野区長、中川原副区長など関係者が参加して落成式を行いました。

同施設は、建築面積130.66平方メートル、延床面積245.89平方メートルの2階建てで、区内13カ所目のグループホームになります。認知症高齢者が住み慣れた地域の中で安心して暮らし続けられるよう、外観は一般家庭のような造りになっています。9つの居室があり、全室にトイレが完備され可能な限りの自立生活を支援していきます。部屋は和室と洋室とがあり、入居者のこれまでの生活スタイルを思い思いのままに継続させることができるようになっています。区立施設として、指定管理者の(株)ケアサークル恵愛が運営していきます。

冒頭、濱野区長が「家庭的な介護や地域との連携で施設を盛り上げ、有効に活用していきたい」とあいさつ。引き続き、来賓を代表し、大沢議長が「介護を必要とする高齢化が進んでいるため、すべての高齢者が安心して暮らせるまちづくりを目指すうえで、心の安らぎとなる施設となることを期待します」とし、小林 大井鹿島町会長が「町会内に認知症になっても地元で生活することができるグループホームを2つも持つことができ名誉である。町会では、若年層の健全育成、防災、高齢者支援に取り組んでいる中、できる限りのバックアップをしていきたい」と祝辞を述べました。

施設は8月から開所となります。