グローバルナビゲーション

子どもも大喜び 子育てメッセ2015開催

更新日:2015年11月6日

子育てメッセ2015の様子
マップを見るお母さんバランスボールに座って抱っこ各展示ブースを見学する区長しながわ水族館の無料招待券を進呈する区長昔遊びをする赤ちゃん絵本の読み聞かせ
「品川子育てメッセ2015」が11月6日(金)、きゅりあん(大井町駅前)で行われ、約2,900人が会場を訪れました。

今回で8回目を迎えた同メッセは、品川子育てメッセ実行委員会と子育て支援団体のNPO法人「ふれあいの家-おばちゃんち」、品川区の3者共催で実施しており、行政やNPO法人、地域活動団体、地元商店街や企業など48団体が参加。1階の小ホールでは音楽鑑賞や講演会、6階の会議室では絵本の読み聞かせなどのワークショップ、7階のイベントホールではステージ発表や多種多様な団体の活動を紹介した展示ブースなど様々な催しが繰り広げられました。

妊婦や乳幼児の保護者にとって、子育てのネットワークづくりのきっかけとなる場です。居住地区ごとに色分けされたリストバンドが、来場者全員に入場時に配布され、近所の保護者同士の新しいコミュニケーションづくりに一役買っていました。

また、「おもちゃの広場」「はいはいレース」「昔遊び」「読み聞かせ」など親子で参加できるイベントに子どもたちも大喜び。赤ちゃんがぐずっても、会場内の抱っこボランティアが手伝い、参加者はゆっくりと会場を見て回ることができました。

会場を訪れた濱野区長は「11月から“しながわネウボラネットワーク”を開始し、妊娠中の支援情報提供から出産後の電話によるアドバイスなど、切れ目のない子育て支援に取り組んでいきます。今日は、充実した時を過ごしていただき、明日からの子育てに役立ててください」とあいさつし、各展示ブースを訪れ団体の活動内容に耳を傾けました。また、会場に訪れた来場者のうち親子3組に、しながわ水族館の無料招待券が区長から進呈されました。