グローバルナビゲーション

しながわ観光大使にサンリオの“シナモロール”が就任

更新日:2017年2月23日

記念撮影
紹介する区長抱き合うシナモロールと区長シナモロールと握手する井上会長保育園児とのふれあいシナモロールとタッチ幼稚園児とのふれあい抱き合う幼稚園児たちシナモロールの折り紙と一緒に記念撮影観光ブースを紹介するシナモロール
~子どもたちとのふれあいイベントも開催~

 品川区は平成29年2月13日(月)、株式会社サンリオ(大崎1)のキャラクター「シナモロール」を観光大使に任命し、区役所で任命式を開催しました。

 「シナモロール」は、平成13年に同社がデザイン開発し、14年に商品発売を開始したキャラクターで、今年デビュー15周年を迎えました。シナモンロールのようにくるくるとシッポを巻いている子犬の男の子で、“シナモン”という愛称で親しまれています。2016年サンリオキャラクター大賞では、ハローキティ、マイメロディを抑え第2位に輝くなど、同社を代表するキャラクターのひとつです。

 任命式では、濱野区長から同社の谷村和明(かずあき)執行役員へ委嘱状が渡され、(一社)しながわ観光協会の井上裕之会長から「シナモロール」へ「しながわ観光大使」と書かれたたすきが贈られました。

 濱野区長は「品川区は国際都市東京の表玄関。シナモロールの活躍によって、外国人観光客や日本全国から訪れる人々に “おもてなし”をし、品川区の魅力を知ってもらいたい」と話し、また、井上会長は「シナモンとともに品川区を世界に発信していきたい」と述べ、それぞれ今後の活躍に期待を寄せていました。谷村執行役員は「区民や区内事業者と一緒になって、『また来たい』と思ってもらえる品川区を目指してがんばりたい」と抱負を話しました。

 式典後は、シナモロールのしながわ観光大使就任を子どもたちとお祝いするイベントも開催。子どもたちと一緒にショーを楽しんだり、記念撮影をしたりと、早速、観光大使の初仕事を務めていました。手を振りながら「お友だちになって~」とお願いする男の子や、作ってきたシナモロールの折り紙をプレゼントする女の子もいました。

 品川区はこれまで、平成25年に「シナモロール」を「しながわみやげ」応援キャラクターに任命したほか、27年3月に配信スタートした観光情報サービスアプリ「しながわ巡り」の案内役にも採用。また、しながわ観光情報の発信拠点「しなかんPLAZA」(大井1)のウインドーにも大きくプリントしています。シナモロールが表紙を飾っている冊子「しながわみやげ」は、(一財)地域活性化センターの「平成27年度 市町村人気パンフレット」で全国11位、都内では最上位にランクインしました。今後、「しながわ観光フェア」のメーンキャラクターに活用するなど、区の観光シンボルとしてさらなる活躍が期待されます。