グローバルナビゲーション

児童遊園

更新日:2017年8月4日

品川・大崎地区の児童遊園

児童遊園名・所在地

児童遊園概要
みなみしながわ
南品川児童遊園
 南品川1-2-29[地図]
京浜急行新馬場駅の南側にある小さな児童遊園。園内には複合遊具がある他、砂場や休憩施設が置かれている。
きたしながわさんちょうめ
北品川三丁目児童遊園
 北品川3-7-15[地図]
品川神社の境内の一部を利用した遊戯型の児童遊園。第一京浜国道脇の高台にあるが神社の敷地内で周囲を木々に囲まれているため落ち着いた雰囲気。
【トイレ有り】
むつみ児童遊園
 南品川5-2-17[地図]
第一京浜国道とゼームス坂通りにはさまれた地域にある児童遊園。園内は幼児向け遊具を中心とした施設内容で細い通路を抜けて南五公園に出られる。
みなみしながわ
南品川二丁目児童遊園
 南品川2-11-5[地図]
旧東海道に面した児童遊園で、入口脇にある三島市寄贈の松を始め、火の見櫓風の木製遊具やなまこ壁のトイレ等、旧品川宿の雰囲気を醸し出すように整備されている。
ひゃくたんさかした
百反坂下児童遊園
 西品川3-20-22[地図]
百反坂の途中から少し奥まったところにある幼児向け遊具中心の小さな児童遊園。2本の桜の大木がシンボルになっている。
ごたんだ
五反田児童遊園
 東五反田5-21-10[地図]
首都高速道路2号線高架下の道路に面した小さな児童遊園。坂道に面しているため園内は二段に分かれており、幼児向け遊具中心に整備されている。
かみおおさき
上大崎児童遊園
 上大崎3-3-15[地図]
JR目黒駅近くにある遊戯型の児童遊園。園内は私道をはさんで東西に分かれ、大部分の施設は面積の広い東側に集まっている。
さつき児童遊園
 南品川5-8-28[地図]
ゼームス坂から入った所にある小さな児童遊園で、幼児向け遊具が設置されている。
にしごたんだろくちょうめ
西五反田六丁目児童遊園
 西五反田6-11-7[地図]
中原街道桐ケ谷坂の近くにある児童遊園。入口部は階段部とスロープ部に分かれてにる。園内の壁面は動物の絵で飾られている。
みつぎ
三ツ木児童遊園
 西品川2-9-18[地図]
平和坂の途中にある遊戯型の児童遊園。隣地との間の擁壁には緑化ブロックが使われている。
おおさきごちょうめ
大崎5丁目児童遊園
 大崎5-8-5[地図]
民間のマンション建設に伴い提供されたポケットパーク型の小さな児童遊園。
おおさきごちょうめ
大崎五丁目遊園
 大崎5-2-2[地図]
五反田・大崎間の山手線路沿いにあり、都営住宅の建築に伴い整備された児童遊園。園内はあまり多くの施設を置かず、遊戯広場的な形態になっている。
にしごたんだよんちょうめ
西五反田4丁目遊園
 西五反田4-19-7[地図]
防災まちづくりの一環として整備された児童遊園。日本庭園風のポケットパーク。
おおさきばしひろば
大崎橋広場
 西五反田1-10-2[地図]
目黒川沿いにある細長い広場で歩道と一体的に整備されている。旧『大崎橋』の親柱がモニュメントとして保存されている。
【トイレ有り】
にしよん広場
 西五反田4-10-6[地図]
炊き出し用品を収納したかまど型スツールが2基設置されており、災害時に利用できる。また地域の小学校が町会と協力して管理している花壇がある。
あいおいひろば
相生広場
 東五反田4-1-32[地図]
民間開発で整備された児童遊園で、港区境近くの勾配地に位置している。急な坂道の途中であり、奥は民間マンションの憩いの広場と一体になっている。
ひがししながわおくじょうていえん    
東品川屋上庭園
 東品川3-9-21[地図]
下水道局東品川ポンプ所の屋上に整備した庭園で、東品川海上公園と一体的に利用できる。草花を主体に植栽した洋風庭園と和風庭園に分かれている。
ひがししながわけんこうひろば
東品川健康広場
 東品川3-9-21[地図]
東品川海上公園に隣接して整備された広場で、子供から高齢者までが楽しめる健康遊具を配している。
ひゃくたんざか うえ
百反坂の上広場
 大崎2-7-13[地図]
災百反坂の上の旧大崎第二地域センター跡地に整備した広場型の児童遊園。

大井地区の児童遊園

児童遊園名・所在地児童遊園概要
かしまかのえづか
鹿島庚塚児童遊園
 大井7-29-11[地図]
大田区境近くの池上通りに面した児童遊園。東側は遊戯広場、西側は遊戯道路状に整備され、東端と西端は幼児向け、中央は児童向け遊戯ゾーンになっている。
【トイレ有り】
ふじみがおか
富士見ケ丘児童遊園
 西大井5-7-3[地図]
西大井福祉園の隣にある標準的な児童遊園。周囲の道路に比べて若干高くなった園内には、様々な遊戯施設や休憩施設、花壇などが整備されている。
【トイレ有り】
きたはまかわ
北浜川児童遊園
 東大井2-25-22[地図]
京浜急行立会川駅の近く、諏訪神社所有地内にある児童遊園で、幼児向け遊具を中心に整備されている。「坂本龍馬」像が設置されている
いずるいし
出石児童遊園
 西大井3-1-5[地図]
大井水神社洗場組合の所有地を借りて整備した児童遊園で、湧水による池のゾーンと遊戯ゾーンとに分かれている。池(湧水)
せきがはら
関ケ原児童遊園
 南大井5-2-15[地図]
立会川緑道最下流部、月見橋の家に隣接する三角形状の児童遊園。園内は標準的な遊具を主体に整備され、高木が多いため緑陰も豊か。
ひがしおおいさんちょうめ
東大井三丁目児童遊園
 東大井3-29-6[地図]
京浜急行立会川駅から第一京浜国道を渡った先にある児童遊園。
にしおおい
西大井ちびっこ児童遊園
 西大井2-24-9[地図]
交差点角の小さな空間を利用した、区内で一番小さい児童遊園。休憩施設中心のポケットパークの形態になっている。
さくもり
作守児童遊園
 大井4-12-14[地図]
作守稲荷神社の敷地内にある小さな児童遊園。道路に囲まれた園内にイチョウの大木がシンボルになっている。
おおいまちりょくち
大井町緑地児童遊園
 大井1-21地先
 大井1-7地先[地図]
大井町駅西口ロータリーから立会道路沿いに続く細長い児童遊園。サクラ等多数の樹木が植えられた緑道。
【トイレ有り】
さくらばし
桜橋児童遊園
 東大井3-22-1[地図]
見晴らし通りが立会川を越える桜橋のたもとにある三角形の小さな児童遊園。狭い敷地の中に幼児向け遊具や休憩施設がコンパクトに配置されている。
【トイレ有り】
にしおおいにちょうめ
西大井二丁目児童遊園
 西大井2-22-7[地図]
滝王子通りから狭い私道を入った所にある児童遊園。園内には幼児向け遊具やベンチが置かれている。ケヤキの大木があるため、緑陰は豊か。
もりした
森下児童遊園
 大井2-1-13[地図]
区営住宅建設に伴って提供された児童遊園。敷地の大部分を広場が占め、西端部に小さな遊戯・休憩コーナーがある。両ゾーンの間にある大きなパーゴラが目をひく。
【トイレ有り】
いとう
伊藤児童遊園
 西大井6-17-9[地図]
西大井福祉園の北西にある小さな児童遊園で、滑り台等を置いた遊戯ゾーンと若干高くなった休憩ゾーンからなっている。
おおいくらた
大井倉田児童遊園
 大井4-22-30[地図]
西光寺に隣接する児童遊園で、多目的広場と健康遊具も置かれた遊戯ゾーンからなる。遊戯ゾーン中央にあるコアラをモチーフにした複合遊具が児童遊園のシンボル。
【トイレ有り】
すずがもりどうろ
鈴ケ森道路児童遊園
 南大井1-22-1[地図]
第一京浜国道と京浜急行高架線にはさまれた細長い地形の広場中心の児童遊園。
(旧鈴ケ森道路公園)
【トイレ有り】
みなみ児童遊園
 南大井1-13-8
      1-12-9[地図]
第一京浜国道沿いにある児童遊園。北部は主に遊戯ゾーン、中間部に雑木、南部は区民用の農園がある。
【トイレ有り】

荏原地区の児童遊園

児童遊園名・所在地児童遊園概要
とごし
戸越児童遊園
  戸越3-9-20[地図]
第二京浜国道の道路敷にあり、国道と区道にはさまれた細長い地形の児童遊園。園内は幼児向け遊具と休憩施設を中心に整備されている。
【トイレ有り】
はたがおか
旗岡児童遊園
 旗の台3-6-12[地図]
旗岡八幡神社境内の一角にある児童遊園で一般的な遊具や休憩施設を備えている。道路との間にかなりの高低差があるため、道路から直接児童遊園は見えない。(旧旗ケ岡児童遊園)
【トイレ有り】
かみしんめい
上神明児童遊園
 二葉4-26-11
 二葉4-3-15[地図]
三間通りをはさんで南北に続く細長い児童遊園。通りの北側は光を用いて川の流れをイメージさせる空間と樹木主体の緑道空間に、南側は遊戯ゾーンに整備されている。
【トイレ有り】
しんめい
神明児童遊園
 二葉1-4-25[地図]
東急大井町線下神明駅の近く、二葉図書館隣接部と都道26号線を挟んだ北側部に2分している。北側部あるタコの形をしたコンクリート製滑り台がシンボルになっており、通称「タコ公園」。
【トイレ有り】
ゆたかちょうにちょうめ
豊町二丁目児童遊園
 豊町2-18-1[地図]
東急大井町線下神明駅近くの交差点角にある小さな児童遊園。休憩施設や花壇、植栽を主体にしたポケットパークとして整備されている。
むさしこやま
武蔵小山児童遊園
 小山3-12-6[地図]
荏原第一地域センター近くにある遊戯型の児童遊園。奥行きが細長い広場空間でバリアフリー対応の出入口になっている。
なかのぶ
中延児童遊園
 中延1-10-15[地図]
荏原文化センターの近くにある児童遊園。園内は都営住宅や寮に囲まれ小ぢんまりした雰囲気で、幼児向け遊具を中心に整備されている。
えばら
荏原児童遊園
 荏原1-25-18[地図]
星薬科大学に隣接する児童遊園。園内は狭いが、砂場を中心にコンパクトにまとまっている。
えばらにちょうめ
荏原2丁目児童遊園
 荏原2-16-4[地図]
荏原保育園の北、細い私道の奥にある遊戯型の児童遊園。ひょうたん形の砂場を跨ぐように架かる小さな橋がユニーク。
【トイレ有り】
とごしろくちょうめ
戸越六丁目児童遊園
 戸越6-11-6[地図]
大原児童センター向かいにある小さな児童遊園で、脇を東急大井町線が走っている。園内は砂場を主体に整備されており、通称は「三角公園」。
ゆたかちょうごちょうめ
豊町5丁目児童遊園
 豊町5-14-3[地図]
子供達には通称「プリン公園」として親しまれいる。真ん中に滑り台や雲梯として遊べるコンクリ−ト製の複合遊具がプリンの形をしており、とてもおいしそうに見える。
【トイレ有り】
えばらよんちょうめ
荏原4丁目児童遊園
 荏原4-10-10[地図]
栄通りから私道の奥にある小さな児童遊園。園内には坪庭をイメージした植栽や、ユニークなブタの置き物がある。
にしなかのぶさんちょうめ
西中延3丁目児童遊園
 西中延3-5-17[地図]
中通りが東急池上線と交差する所の南側にある小さな児童遊園。園内は石と植栽を中心とした和風仕立てのポケットパークとして整備されている。
たちあいがわ
立会川児童遊園(その4)
 旗の台3-7 地先
 旗の台3-9 地先[地図]
清水橋から大井町線荏原町駅までの立会川上部を利用した児童遊園。清水橋側から休憩,遊戯,散策ゾーンに分けられ、荏原町駅側には彫像が立っている。
たちあいがわ
立会川児童遊園(その2)
 旗の台2-7地先
 旗の台2-1地先[地図]
中原街道から東急池上線までの立会川上部を利用した児童遊園で、最南部は駐輪場になっている。
【トイレ有り】
たちあいがわ
立会川児童遊園(その3)
 旗の台3-11地先
 旗の台 3-10地先[地図]
東急池上線〜清水橋間の立会川上部を利用した児童遊園。全体は緑道風に整備され、 池上線側に遊戯ゾーンがある。清水橋側にある蛙の彫像から、通称「カエル公園」。
ゆたかちょう
豊町ちびっこ児童遊園
 豊町1-2-3[地図]
大崎中学校脇にあるポケットパーク型児童遊園。小鳥の車止め、リスやモグラの描かれた舗装等ユニークなアイデアに溢れている。
こやまよんちょうめ
小山四丁目児童遊園
 小山4-6-2[地図]
幼児向け遊具を主体に整備された標準的な児童遊園。入口脇の休憩コーナーにあるパーゴラにフジが絡んでおり、季節になると花が美しい。
こやまごちょうめ
小山五丁目児童遊園
 小山5-13-4[地図]
小山小学校のすぐ近くにある小さな児童遊園。小ぢんまりとした園内には、標準的な幼児向け遊具が配置されている。
ゆたかちょう
豊町児童遊園
 豊町4-1-12[地図]
T字路の角にある細長い児童遊園。園内は休憩ゾーンと遊戯ゾーンに分かれており、遊戯ゾーンにはローラー式滑り台が置かれている。
なかはら
中原児童遊園
 平塚2-6-4[地図]
地元町会が東京電力から借りていた土地を区が整備した、幼児向け遊具中心の小さな児童遊園。坂道に面しているため接道部の一面は擁壁になっている。
わかば児童遊園
 戸越1-29-21[地図]
正面入口にあるゲートや人工芝を敷いた健康遊具ゾーン等ユニークな試みを多数行った児童遊園。ローラー滑り台等を組み込んだ擬岩製の複合遊具が特に目をひく。
【トイレ有り】
とごし
戸越ひだまり広場
 戸越1-4-11 [地図]
区立ソレイユ戸越の南側にあり、周囲を植栽で囲まれた陽当たりのよい広場。
戸越二丁目広場
 戸越2-1-9[地図]
周辺住民の要望により、都営地下鉄戸越駅近くに上下2段に分かれた多目的な広場として整備された。園内に植えられたシダレザクラがアクセントになっている。
【トイレ有り】
えばらいっちょうめ
荏原一丁目ふれあい広場
 荏原1-2-12[地図]
桐ケ谷通りから少し入った所に有り、地域の要望により周囲に植栽を配した多目的な広場として整備されている。
わくわく広場
 荏原1-4-13[地図]
地元管理の花壇があり、地域のコミュニケーションの場として、また防災活動の場として多目的に利用されている広場。
みやまえさか
宮前坂広場
 戸越2-6-36[地図]
宮前坂の途中にあるポケットパーク型の小さな児童遊園。まちづくりの一環として整備された。
はたのだいひがし
旗の台東広場
 旗の台4-12-16[地図]
大田区境近くの勾配地にある児童遊園で、北側に大きな高低差がある。災害時用の空地として整備されており、かまどベンチを設置している。
ふどうまえりょくどう
不動前緑道
 小山1-10-1,小山2-1-1,
 小山2-5-1,小山2-6-1[地図]
東急目黒線の地下化に伴い、その上部を利用して造られた児童遊園。季節感のある樹木を多く取り入れながら、全体としてはシンプルですっきりとした感じの緑道
むさしこやまりょくどう
武蔵小山緑道
 小山4-10-1、小山5-4-1
 小山5-3-1[地図]
東急目黒線の地下化に伴い、その上部を利用して造られた児童遊園。ビオトープ風の流れ、健康遊具、鉄道敷地であることを示し電車風のパーゴラなどユニークな施設がある。
にしこやまりょくどう
西小山緑道
 小山6-11-1、
 小山6-16-1、小山6-27-1[地図]        
東急目黒線の地下化に伴い、その上部を利用して造られた児童遊園。歩く機能優先の緑道で、標準幅員6メートルの歩行者空間が続く明るいすっきりとしたイメージの緑道

ひらさん広場
 平塚3-9-1[地図]
旧荏原平塚中学校の跡地に整備された児童遊園。スポーツ等に利用できる多目的広場がある。
【トイレ有り】
   さか うえ
ころく坂の上広場
 小山6-25-16[地図]
小山6丁目と小山7丁目との境にある児童遊園、閑静な住宅街の一角にある。多様な植栽や大谷石を再利用した緑石、ベンチとして使える花壇が整備されている。

 

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。