グローバルナビゲーション

近隣セキュリティシステム

更新日:2013年11月11日

安全・安心のまちづくりをめざすうえで今一番求められているのは犯罪防止対策です。 子どもたちが犯罪被害を受けないようにするため、「地域の安全は地域で作り上げる」をモットーに、今後も地域の皆さんと区で協働して「安全の輪」防犯ネットワークを広げていきましょう。

近隣セキュリティシステム

区内小学生を対象に「まもるっち」(GPS機能付緊急通報装置)を配布し、緊急通報時には生活安全サポート隊や近くの協力者が子どもの安全を見守ります。

通報の流れ

  1. 緊急通報
    児童が危険を感じた場合に「まもるっち」の防犯ブザースイッチを引っ張ると、ブザーが鳴り、センターシステムに緊急通報が送信されます。
  2. センターシステム
    区役所内の「まもるっちセンター」でオペレーターが児童と会話し、GPS機能により発信地点を特定。児童の状況を確認します。
  3. 協力者等に送信
    緊急時や安全の確認がとれない場合、発信地点付近の協力者に、固定電話には音声で、携帯電話には地図情報付きメール(通報内容は、発信地点・児童の学年・性別)を送信します。保護者・小学校・生活安全サポート隊にも送信し、状況に応じて110番通報します。
  4. 協力者等が確認
    通報を受けた協力者や生活安全サポート隊は、直ちに付近の状況や子どもの様子を確認し児童の安全を確保します。
新近セキ概要

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

生活安全担当
 電話:03-5742-6592
 FAX:03-5742-6878