グローバルナビゲーション

放置自転車対策について

更新日:2017年4月28日

駅周辺の放置自転車等

区では自転車等の放置禁止区域を指定し、これらに放置された自転車等の利用者に対し、路上に放置しないように呼びかけるとともに、撤去活動を行うなど放置自転車等の解消に努めていますが、区内の駅周辺には多くの自転車等が放置されているのが現状です。 放置された自転車等は、歩行者や車椅子などの通行の妨げになるばかりでなく、火災や犯罪発生時の消防車やパトカー等による緊急活動の障害、さらには、災害時における区民の緊急避難の障害になるなど、放置自転車等を解消することは区の重要な課題となっています。

放置自転車等をなくすために

区では放置自転車等を解消するために3つの対策を柱としています。

1. 駐輪場(自転車等駐車場)の整備
2. 放置防止の啓発活動
3. 放置自転車等の撤去活動

この中でも駐輪場の整備は放置自転車解消のための大きな柱となっています。

区営自転車駐輪場について

駅周辺の駐輪場は18駅の周辺に26の駐輪場が設置されています。
地下機械式(定期・大森のみ)屋根有り(定期)屋根無し(定期)当日利用
自転車 2,500円 2,300円 2,000円 150円
バイク なし 3,500円 3,300円 250円

駐輪場料金

(各駐輪場で料金が異なります。詳しくは各駐輪場または品川区営駐輪場サポートセンターTel0120-356-621までお問い合わせ下さい。)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

土木管理課自転車対策係
03-5742-6786(直通)