グローバルナビゲーション

結核医療費の公費負担制度

更新日:2012年11月22日

結核で通院および入院する方の医療費を公費で負担します。

対象となる方

結核にかかっている方。

治療が受けられる医療機関

指定された医療機関です。

助成される医療費

(1)一般患者

一定範囲の医療について100分の95までは保険者と公費により負担され、100分の5については自己負担となります。ただし、国民健康保険または、社会保険に加入し、住民税非課税の方については自己負担額がなくなりますので、申請時にお申し出ください。

(2)入院患者

結核を家族や他の同居者に感染させるおそれがある場合、保健所長は指定医療機関への本人の入院を勧告することができます。入院治療に要する医療費は原則として全額が公費負担されます。ただし、世帯の収入により費用の一部を負担していただくことがあります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所保健予防課
 電話:5742-9153