グローバルナビゲーション

公立保育園に通うお子さんの保護者を対象とした一日保育士体験

更新日:2016年2月1日

学んでほしい子どもの接し方、知ってほしい子どものすがた

保護者の方に「一日保育士」を体験していただき、我が子以外の大勢の子どもとふれあうことで、育児に対する視野を広げていただき、家庭でのしつけのヒントを得ていただく良い機会になります。
保育士は、保育内容を保護者にわかりやすく説明することで、自らの保育を振り返るとともに、技量を磨く機会になります。
また、保護者と保育士がともに子どもの育ちを理解することで、相互の信頼関係をさらに深め、子どもにとってより豊かな成育環境を築きます。
1日保育士体験屋内の様子

対象等

・保育園の保護者を対象に、全ての公立保育園と公立幼稚園で行っています。
・午前9時から午後5時までの8時間
・お子さんのクラスに入り、保育士の仕事を体験します。
・朝の受け入れから、クラス活動、給食、午睡、おやつ、自由遊び、夕方の引渡しまで、お子さんと一緒に一日を過ごし、「生活、遊び、学び」を体験します。
1日保育士体験滑り台の様子

参加者の声

26年度、公立保育園で実施した際「普段の家では見られない子どもの姿を見れることに大変嬉しく感じる。今後の子育てや家での会話の参考にしたい。」「子供達に先生方がどのように意思伝達をしているか、また見守り口出さずの姿勢もうかがうことができて良かった。」「子供たちのダイレクトな反応・表情などがとっても面白かった。」「子供たちが1人1人責任を持ってやっていることに感動した。」「注意の仕方や寝かし方、食べさせ方等、他の子と接することで色々発見があり、勉強になった。」 などの感想が寄せられました。
1日保育士体験園庭の様子

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保育課運営係
03-5742-6724