グローバルナビゲーション

橋梁長寿命化修繕計画

更新日:2016年6月14日

橋梁長寿命化修繕計画の内容

 品川区では橋の安全を確保しコスト縮減を図るため、予防保全型の維持管理手法を取り入れた橋梁長寿命化修繕計画を平成22年度に策定し、区が管理するすべての橋(70橋)を適切かつ計画的に維持管理しています。
 今回改訂する計画は、当初計画から5年が経過したことによる見直しであり、以下の3つの目的を果たすため、最新の基準や橋梁定期点検結果等を反映させ、今後10年間(平成27〜36年)の中期的な計画と今後30年間(平成27〜56年)の長期的な計画を策定するものです。

(1) 道路ネットワークの安全性・信頼性の確保(橋梁の健全性向上、耐震性向上)
(2) 最新情報(定期点検・修繕・架替)による修繕計画の更新(維持管理サイクルの継続)
(3) 財政支出の抑制(ライフサイクルコストの最小化)
アイル橋
              アイル橋(東品川2丁目6番)

当初計画からの改定点

平成22年度に策定した当初計画からの改訂点を以下に示します。
(1) 点検・診断に関する事項
  1) 国の基準に準拠した定期点検を実施
  2) 新たに国土交通省が定めた「健全性の診断」の判定区分で、橋の健全性を1〜4段階で分類する評価を追加

※「橋の健全性を1〜4段階」の正式な表記はローマ数字です。

(2) 計画に関する事項
  1) 橋の架替や撤去を含めた計画
  2) 横断歩道橋等の耐震補強を含めた計画

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

道路課 工務係
  電話:03-5742-6792

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。