グローバルナビゲーション

大井町駅周辺地区まちづくり構想

更新日:2011年11月14日

大井町駅周辺地区は、区における行政、文化、商業、業務、交通の中心地として一層の発展が期待されています。さらに、りんかい線の乗り入れや地区幹線道路整備などの状況を踏まえ、平成13年に策定した品川区市街地整備基本方針に基づき、地域のめざす将来像とそれに向けての実現化方策をNPOまちづくり大井の協力を得てまとめました。

  • 基本的な考え方
    1)   商業・業務・文化・居住などの機能強化による「人が集まる」まちづくり
    2)   駅とまちをつなぎ、便利で安全な「歩きたくなる」まちづくり
    3)   環境に配慮した、魅力的で快適なまちづくり
    4)   まちの更新に合わせて、段階的に進めるまちづくり
  • まちの将来像
    ・東京の表玄関として、様々な出会いと交流を演出するまち
    ・品川区の商業・文化の中心として、様々な活動の舞台をバランスよく提供するまち
    ・普段着のまま出かけられるまち 
    ・人と環境に配慮した未来に続くまち

将来像の実現に向けて、土地利用、都市基盤、都市環境の三つの視点から短期(5〜10年)と長期(20年程度)の計画を設定します。

※大井町駅周辺地区まちづくり構想は、下のリンクからご覧いただけます。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

都市開発課
 電話:03-5742-6763
 FAX:03-5742-6942

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。