グローバルナビゲーション

低所得者の福祉

更新日:2015年3月27日

長期入院などで医療費が多額となり、その支払いにお困りの方はご相談ください。

 病気やケガで、病院などに支払う費用のうち保険診療分の自己負担金がその限度額を超えた場合には、後日、その超えた分が高額療養費として支給されます。この支給される見込み額の9割を無利子で貸付します。
 また、「身体に障害があり、医療費の助成を受けている方」「ひとり親家庭等医療助成費を受けている方」のうち、その医療証が病院などで使用できなかった場合、保険診療分の自己負担金から一部負担金を除いた額が助成されますが、この助成予定額の全額を無利子で貸付します。いづれも、所得が500万以下の世帯が対象です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

貸付窓口は、
 生活福祉課 保護事務係
  電話:03-5742-6713
問い合わせ先
 高額療養費は国保医療年金課
  電話:03-5742-6677
 心身障害者医療費助成制度は障害者福祉課
  電話:03-5742-6709
 ひとり親家庭医療費助成制度は子ども家庭支援課
  電話:03-5742-6721