グローバルナビゲーション

平塚保育園のお正月遊び(荏原第一)

更新日:2017年1月16日

 平塚保育園では、年明けから子どもたちがお正月遊びに夢中になっています。独楽まわしに羽根つき、すごろくや福笑い、それに凧揚げなど、0歳から5歳までの子どもたちが、伝統的な遊びを通して日本のお正月を楽しんでいます。

 特に人気の独楽まわしは、子どもたちが慣れた手つきでひもを巻き、この日は何個もの独楽がくるくると床の上を回っていました。平塚保育園では、子どもたち自身が遊びのルールを考え、誰が一番の独楽まわし名人になれるか、レベル1から9までの高さを設定して毎日競い合っているそうです。
独楽まわしに挑戦する子どもたち 子どもたちが独楽に紐を巻く みんなで独楽まわしスタート 上手に独楽を回せた女の子
 そして、今ではほとんど見られなくなった羽根つきも、平塚保育園のお正月遊びの定番です。羽根をついて打ち合いを続けるのは難しいようですが、子どもたちは「家ではやらない遊びなので、友達と一緒にできるのが楽しいです」と話していました。

 また2歳の子どもたちは、紙で作った羽子板と、羽根に見立てた風船を鉄棒につるして、羽根つきごっこを楽しんでいました。2歳児クラスの先生は「季節ならではの遊びを経験させたいので、場所や設定を工夫してあげれば小さい子どもでも楽しめます」と話していました。
ホールで羽根つきをする女の子たち 本気で羽根つき勝負に挑む男の子たち 風船の羽根つきで遊ぶ2歳児 楽しそうに風船の羽根をつく女の子
 その他にも、園内では子どもたち手作りのすごろくゲームで遊ぶ姿や、先生たちが布やスポンジで作ったもちでおままごとをしたり、今年の干支「酉」にちなんだ作品も飾られていました。

 平塚保育園・加藤美恵園長は「子どもたちには、日本の伝統や文化を大切にして成長してほしいと思います。また、年長児くらいになると生活体験も豊かになってくるので、自分たちでルールを作って遊ぶ力が育まれてきます。わくわくドキドキするような体験を増やして、心も体も太く大きくなっていってほしいです」と話していました。
手作りすごろくで遊ぶこどもたち 園庭でもちつきごっこをする子どもたち おぞうにづくりのおままごとをする子どもたち 盛りつけられたおままごとのお雑煮 おままごとのおもちを焼く2歳児 0歳児が作成した羽子板の製作物 干支の酉にちなんだ粘土の製作物 干支の酉にちなんだ紙の製作物

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

荏原第一地域センター
 電話:03-3786-2000
 FAX:03-3786-5385