グローバルナビゲーション

環境表彰式&環境講演会

更新日:2017年2月27日

活動報告をする永尾さん
主催者代表あいさつをする濱野区長 受賞者 西品川二丁目会猫基金グループ 環境講演会 服部幸應さん 環境保全活動企業大賞受賞 報告する松本さん 受賞者 平塚二丁目町会花と緑の部 受賞者 喜楽会 もったいない選手権最優秀賞 喜多さん みどりの顕彰式受賞者 資源リサイクル活動貢献団体受賞者
 区制70周年記念 環境表彰式&環境講演会が2月25日(日)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で開催されました。環境表彰式では、「環境保全活動顕彰」と「もったいない選手権」「みどりの顕彰」「資源リサイクル活動貢献団体」の表彰が行われました。

 「環境保全活動顕彰」は、環境保全に関する優れた活動をされている団体・個人を顕彰するもので、企業大賞1団体、企業賞1団体、地域大賞1個人、地域賞3団体が選ばれました。表彰式後、地域大賞を受賞した永尾章二さん(しながわ花海道創設期からの花壇の継続運営)と、企業大賞を受賞した東京日産自動車販売株式会社(日産グリーンショップ活動)が、それぞれ今までの取り組みを報告。これからも活動を続けていきますと、意気込みを語りました。

 もったいない選手権は、“住みよい街しながわ”を作るために誰にでも取り組める“人にも地球にも優しい”環境に良い行動を7月〜9月に募集。3,442件の応募の中から選ばれた喜多智子さん(各家庭で使っていない傘を公共施設で再利用するアイデア)が最優秀賞を受賞しました。

 周辺地域の環境と景観の向上に資する優れた緑化を顕彰する「みどりの顕彰式」は、西大井のザ・プレミアスカイ品川中延と勝島のブランズシティ品川勝島が受賞。

 ごみの減量と資源の有効活用に関して貢献のあった団体が、資源リサイクル活動貢献団体として10団体が表彰されました。

 主催者を代表して濱野区長が「私たちは消費生活を通して、自らごみを出すとともに企業のごみの排出にも関与しています。自分たちの行為が、環境にとってどのような影響をもたらすかということを考えながら行動することが求められる時期に来ています」と話し、環境保全活動に取り組んでいる受賞者にお祝いのことばを送りました。

 また、環境講演会では、(学)服部学園 服部栄養専門学校の服部幸應 理事長・校長を講師に迎え、「食育力-大切なものを失った日本人-」と題した環境講演会も行われ、参加者はメモを取りながら熱心に話に聞き入っていました。