自転車の安全利用

更新日:令和4年11月15日

自転車は自動車と同じ「車両」です。交通違反をすれば、重大な交通事故に繋がることもあり、非常に危険です。
正しい交通ルールを学び、自転車を安全に利用しましょう。

自転車安全利用五則

自転車に乗るときは「自転車安全利用五則」を守りましょう。

1.車道が原則、左側を通行
   歩道は例外、歩行者を優先

  • 道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。
  • 自転車は道路の左側に寄って通行しなければなりません。
  • 例外的に歩道を走行する際は、歩道の中央から車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

2.交差点では信号と一時停止を守って、安全確認

  • 信号機のある交差点では、信号機の表示する信号に従わなければなりません。
  • 信号機のない交差点で、一時停止すべきことを示す道路標識等がある場合は、一時停止しなければなりません。

3.夜間はライトを点灯

  • 夜間、自転車で道路を走るときは、前照灯および尾灯(又は反射材)をつけなければなりません。

4.飲酒運転は禁止

  • 酒気を帯びて自転車を運転してはなりません。

5.ヘルメットを着用

  • 自転車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶるようにしましょう。
  • 児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

詳細は、以下のURLをクリックしてご確認ください。

知っていますか 自転車ナビマーク・自転車ナビライン

品川区では、自転車の安全な通行を促すため、主に車道の左側端に「自転車ナビマーク」、交差点に「自転車ナビライン」の設置を推進しています。

自転車ナビマーク・自転車ナビラインとは

 自転車ナビマーク    自転車ナビライン    自転車ナビライン
    自転車ナビマーク                     自転車ナビライン

自転車が通行すべき部分および進行すべき方向を明示するものです。自転車は、表示に沿って車道の左側を通行し、矢印の向きに進行してください(逆走はできません)。

自転車利用者の方へ

自転車ナビマーク・自転車ナビラインには、「自転車優先」等法令上自転車を保護する意味はありません。自転車ナビマーク・自転車ナビラインの設置された場所、交差点であっても、自動車や歩行者に十分注意して運転してください。また、路上の駐停車車両を避ける際には、後方から来る自動車がないか安全確認をしてください。
車道に出る際又は歩道に上がる際は、他の自動車、歩行者に十分気を付けるなど、安全運転に心掛けてください。

ドライバーの方へ

自動車を運転する際は、車道通行する自転車、特に交差点における左折時の自転車の巻き込み事故に十分注意して運転してください。
また、駐車違反をすると車両により自転車の通行の妨げとなりますので、自転車の安全な車道通行に配慮し、駐車場等に入れてください。


詳細は、警視庁のホームページからご確認ください。

自転車安全教室

自転車にも様々なルールがあります。
ちょっと考えてみてください。

自転車は、左右どちらでも通行できる?
自転車通行可の標識がある歩道なら、歩行者より優先?
止まれの標識があっても、自転車は止まらなくてよい?
友達なら後ろに乗せてもよい?
明るい所なら、夜でもライトはいらない?


以下のURLをクリックして、確認してみましょう。

お問い合わせ

土木管理課交通安全係
電話:03-5742-6615
FAX:03-5742-6887