感震ブレーカー設置経費の一部を補助します

更新日:2020年7月1日

1.感震ブレーカーについて

 大地震による停電が復旧した際に発生する通電火災等を防ぐには、「感震ブレーカー」を設置することが有効です。
 区では、木造住宅密集地域のうち、特に改善が必要な地区にお住まいの方に対して、「感震ブレーカー」設置にかかる経費の一部を補助します。
 分電盤タイプの他に簡易タイプ(アース付コンセント接続型)もございます。
 また、高齢者・障害者等の世帯については、補助率の引き上げを行っております。

2.補助対象地区について
 
東京都実施の「木密地域不燃化10年プロジェクト」に基づく「不燃化推進特定整備地区(一部地区を除く)」を対象地区としています。

 (1)西品川二・三丁目
 (2)戸越二・四・五・六丁目地区
 (3)東中延一・二丁目、中延二・三丁目地区
 (4)旗の台四丁目、中延五丁目地区
 (5)豊町四・五・六丁目、二葉三・四丁目および西大井六丁目地区
 (6)大井五・七丁目、西大井二・三・四丁目地区

3.補助対象者
 
 (1)補助対象地区内の木造住宅に居住している方【既設住宅】
 (2)補助対象地区内の木造住宅を建て替え、居住する方【新築住宅】
  ※新築住宅で補助をご希望の場合は、下記の問い合わせ先にご連絡ください。

4.補助対象機器
 
 (1)分電盤タイプ(感震センサー内蔵型および感震センサー接続型)

   分電盤内に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、ブレーカーを落として、住宅内すべての電力共給を遮断する。
 
  【感震センサー内蔵型】             【感震センサー接続型】
                        
 (2)簡易タイプ(アース付コンセント接続型)
   アース付コンセントに差込むだけで、震度5強相当の地震波を感知するとブレーカーを落として、住宅内すべての電力供給を遮断する。
  
  【アース付コンセント接続型】
      

5.補助率・補助件数

 【既設住宅】
補助対象機器
分電盤タイプ 簡易タイプ
対象世帯
一般   
高齢者・障害者等
一般   
高齢者・障害者等
補助率・額
(上限)
総費用の3分の2
(上限5万円)
総費用の6分の5
(上限8万円)
総費用の3分の2
(上限2万円)
総費用の全額
(上限3万円)
補助件数 50件 80件 100件 120件
申請期間
令和2年7月1日(水)から令和3年2月26日(金)まで


 【新築住宅】 分電盤タイプのみ一律1万の補助

お問い合わせ

防災課
 電話:03-5742-6696
 FAX:03-3777-1181