グローバルナビゲーション

林試の森公園

更新日:2007年3月27日

ここは明治33年(1900年)に当時の農商務省林野整理局が「目黒試験苗圃」としてスタートし、その後「林業試験場」に名称を変更、林野庁の付属となり昭和53年まで使用されてきました。
 そして、筑波研究学園都市の建設に伴い、移転した跡地を整備し、「目黒公園」の暫定開放期間を経て、平成元年6月1日に「都立林試の森公園」として生まれ変わり開園しました。

この公園は東西に700m、南北に250mと細長く、外周の園路を一周すると45分程で廻れます。また、この公園は品川百景にも選ばれています。
林試の森公園