【令和4年5月オープン】品川区立環境学習交流施設エコルとごし

更新日:令和4年1月5日

「エコルとごしプレサイト」で最新情報をお届けしています

令和4年5月1日にオープンを予定している「品川区立環境学習交流施設エコルとごし」は、戸越公園の豊かな自然や体感を重視した展示物をはじめ、環境を楽しみながら学ぶことができる施設です。
オープンまでの最新情報をお届けするため、プレサイトを開設しています。施設の概要や工事の進捗、最新のお知らせなど、エコルとごしの情報が盛り沢山です。ぜひご覧ください。

エコルとごしのプレサイトは以下のバナーをクリック、もしくはこちらから(エコルとごしのプレサイトへ/別ウィンドウ表示)ご覧いただけます。

エコルとごしプレサイトバナー


都内公共施設初! エコルとごしは「Nearly ZEB」の認証取得建築物です

令和2年12月、エコルとごしは、設計段階において、都内公共施設としては初となる建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の「Nearly ZEB」認証を取得しました。
年間を通じて安定した温度である地中の未利用エネルギーを空調熱源として利用し、区有建築物では最大規模となる太陽光発電設備を設置することにより、多くの再生可能エネルギーを創出しています。他にも、外壁面の緑化や、人感センサーや昼光センサーを用いたLED照明、高い遮熱・断熱性能を有したガラスの採用、直射日光の室内への侵入を考慮した深い庇など、環境負荷軽減に向けた様々な取り組みを行っています。
設計段階での建築物のエネルギー消費量は、都内公共建築物においてトップクラスとなる91%削減を実現しています。

詳細は、以下の品川区プレスリリースのページをご覧ください。

令和3年1月18日プレスリリース「都内公共施設初! 環境施設で「Nearly ZEB」の認証を取得」

令和3年12月10日プレスリリース「Nearly ZEB認証取得施設「エコルとごし」~設計段階で建築物のエネルギー消費量85%削減を実現~」

令和4年3月31日プレスリリース「建築物のエネルギー消費量91%の削減を実現 Nearly ZEB認証取得施設「エコルとごし」竣工」

BELS認証プレート

ZEBとは?

ZEBとは、「Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、「ゼブ」と呼びます。快適な室内環境を維持しながら、省エネと創エネにより、建物で消費する一次エネルギーの年間収支をゼロにすることを目指した建物のことです。
4つのランクがあり、上から「ZEB(ゼブ)」、「Nearly ZEB(ニアリーゼブ)」、「ZEB Ready(ゼブレディー)」、「ZEB Oriented(ゼブオリエンテッド)」です。


ZEBの定義
出展:環境省ホームページ(別ウィンドウ表示)


品川区は、ZEBの普及に貢献するため「ZEBリーディング・オーナー」に登録しています

「ZEBリーディング・オーナー」は、自らのZEB普及目標や導入計画、導入実績を一般に公表する先導的建築物のオーナーのことです。
登録された建築物のオーナーは、ZEBに関連する取り組みや、中長期のZEB導入計画と目標について情報発信することとされています。
品川区では、エコルとごしの開設を機に、ZEBに関する技術や情報を広く発信し、国内におけるZEBの普及に貢献できるよう努めていきます。

詳細は、ZEBリーディング・オーナーの登録を行っている「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」のホームページから、以下をご覧ください。


ZEBリーディングオーナーとは?(別ウィンドウ表示)

「品川区」ZEBリーディング・オーナー登録票(PDF:322KB/別ウィンドウ表示)

「品川区(エコルとごし)」ZEBリーディング・オーナー導入計画(PDF:556KB/別ウィンドウ表示)

ZEBリーディング・オーナーマーク

「みて・きいて・さわって」環境を楽しみながら学ぶ体験型展示を展開します

床・壁一面のダイナミックな映像空間で環境への興味を引く大型映像展示と、1秒、1日、1年、10年の時間軸をテーマに環境を体感し、学びを深める常設展示で、自分と環境の関わりを楽しく学ぶ展示エリアを展開します。エコルとごしでしか味わえない体験は、乞うご期待です。
 

映像展示室(大型映像展示)イメージ
映像展示室イメージ


 

常設展示室イメージ
常設展示室イメージ



お問い合わせ

環境課環境推進係
 電話:03-5742-6755
 FAX:03-5742-6853