グローバルナビゲーション

品川駅南地域まちづくりビジョン

更新日:2017年5月30日

 品川駅南地域は、東京のサウスゲートとしてターミナル機能強化が期待される品川駅の南側に位置する約92haの地域です。本ビジョンは、地域の将来像や、その実現に向けた整備の方向性について、地権者や事業者および行政等、まちづくりに関わる多様な関係者の共通指針として、地域全体の一体的なまちづくりを推進し、更なる地域価値の向上を目的に策定しました。

地域の将来像

品川の歴史・伝統と魅力ある水辺に出会う、拠点性と文化性を兼ね備えた国際交流都市                                                         ~多様な人々が訪れ、働き、楽しみ、憩い、暮らす 品川の南の玄関口~

目標とする5つの街

   1.品川駅の南の玄関口としてふさわしい拠点性とにぎわいを兼ね備えた街

   2.旧東海道品川宿の伝統や文化と、新しく創り出されるものとが共存し合う、新旧が融合した街

   3.多彩な表情を持った水辺に親しむ街

   4.子どもからお年寄りまで、誰もが安心して快適に暮らし続けられる街

   5.多様な主体の参画・協働により、持続的に発展する街

 将来像の実現に向けた基本戦略

   1.国内外からの来街者を迎え入れる新たな拠点づくり

   2.地域特性をいかしたにぎわいと回遊性づくり

   3.多様な世帯の都心居住を推進する住まいづくり

   4.生活環境を高める基盤づくり

   5.誰もが安心して生活できる環境づくり

   6.災害に強い安全・安心なまちづくり

   7.まちづくりを推進する体制づくり

まちづくりビジョンは、下のリンクからご覧いただけます。

お問い合わせ

都市開発課立体化担当 

 電話:03-5742-6961  

 FAX : 03-5742-6942