電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金

更新日:令和4年11月14日

国による「電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」が創設され、令和4年度住民税非課税世帯等への給付が行われることが決定しました。電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への負担が大きい世帯(住民税非課税世帯等)に対し、1世帯あたり5万円の現金を給付します。
※対象となる可能性のある世帯の世帯主の方あてに、11月14日(月)より順次確認書を送付します。

概要


電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について、以下のいずれかに該当する世帯が対象となります。
・令和4年度住民税非課税世帯
・家計急変世帯

※本給付金(5万円)を受給できるのは一度のみです(重複受給不可)。
※世帯の全員が住民税が課税されている親族等の扶養を受けている世帯は、対象外です。
※租税条約に基づく免除を受けたことにより、住民税が課されないこととなった方は対象外です。
※住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を受給した世帯でも、受給要件を満たす場合は本給付金(5万円)を受給することができます。

項目
令和4年度住民税非課税世帯 家計急変世帯
支給対象 基準日(令和4年9月30日)時点で、品川区の住民基本台帳に登録されており、世帯全員が令和4年度分の住民税が非課税の世帯 令和4年度住民税非課税世帯以外の世帯で、予期せず令和4年1月~12月に家計が急変し、令和4年度住民税非課税世帯と同様の事情に当たると認められる世帯
支給額

1世帯あたり5万円 ※本給付金の受給は1回限りです。

申請書類等発送・配布時期 令和4年11月14日(月)~確認書を順次発送。 令和4年11月7日(月)~申請書の受付開始。
区ホームページからダウンロードするか、区役所第二庁舎3階給付金相談窓口と各地域センターで配布。
申請方法 (1)オンライン申請:確認書に記載の二次元コードをスマートフォンなどで読み取って申請する。
(2)郵送申請:確認書と証明書類を品川区価格高騰緊急支援給付金事務センターへ郵送して申請する。
(1)郵送申請:申請書に必要事項をご記入のうえ、証明書類と合わせて品川区価格高騰緊急支援給付金事務センターへ郵送して申請する。
申請期限

令和5年1月31日(火)消印有効 ※期限が短いのでお早めに申請してください。

 

給付額

1世帯あたり5万円


お問い合わせ先

品川区電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金コールセンター
電話:050-3171-8490
受付時間:午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)




令和4年度住民税非課税世帯向け

品川区では、令和4年11月14日(月)から順次、対象となる可能性のある世帯の世帯主の方あてに確認書を発送します。
確認書の受付は、新型コロナウイルス感染症対策として、原則オンライン申請または郵送受付となります。


給付対象

基準日(令和4年9月30日)時点で、品川区の住民基本台帳に登録されており、世帯全員が令和4年度分の住民税が非課税の世帯
※すでに電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金を受給した世帯、または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は、対象外です。


受給方法

品川区から、令和4年度住民税非課税世帯の世帯主の方あてに確認書を11月14日(月)から順次発送します。
確認書が届いた方は、確認書に記載の二次元バーコードをスマートフォンなどで読み取りオンライン申請をしてください。
確認書と証明書類を品川区へ郵送して申請することもできます。

証明書類等のご案内は、確認書をご確認ください。
オンライン申請または確認書のご返送がない場合、給付ができませんのでご注意ください。

※住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を申請した後、被扶養者であった等の理由により申請の取り消しまたは給付金返還のお申し出があった世帯の世帯主の方あてには、本給付金の確認書は発送しておりません。状況が変わった場合はコールセンターまでお問い合わせください。

申請期限

令和5年1月31日(火)消印有効


家計急変世帯向け

品川区では、令和4年11月7日(月)から家計急変世帯向けの給付金申請の受付を開始します。
ご自身での申請が必要です。申請受付は新型コロナウイルス感染症対策として、原則、郵送申請となります。


給付対象

令和4年度住民税非課税世帯以外の世帯で、予期せず令和4年1月~12月に家計が急変し、令和4年度住民税非課税世帯と同様の事情に当たると認められる世帯


受給方法

申請書の提出が必要です。申請様式は下記からダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ、下記の証明書類と合わせてご郵送ください。
申請様式はホームページのほか、区役所第二庁舎3階給付金相談窓口と各地域センターでも配布しています。


家計急変世帯の提出書類

1.申請書
      申請書(様式第3号)(PDF : 1791KB)      記入例(申請書)(PDF : 2116KB)

2.簡易な収入所得(見込額)の申立書
  申立書(様式第3号別紙)(PDF : 1706KB)    記入例(申立書)(PDF : 1981KB)

3. 申請書の本人確認書類のコピー
 ※代理人申請の場合は代理人の本人確認書類も必要
 (運転免許証、マイナンバーカード(表面)、パスポート、健康保険証など)

4. 世帯全員記載の住民票の写し
 (続柄記載あり、本籍・個人番号記載なし、申請日から1カ月以内のもの)
 ※申請書の世帯状況の確認に利用

5. 受取口座を確認できる書類のコピー
 (金融機関名・支店コード・口座番号・口座名義人が確認できる通帳またはキャッシュカード)

6. 令和4年1月~12月の任意の1カ月の収入状況を確認できる書類のコピー(給与明細など)
 ※「簡易な収入所得(見込額)の申立書」に記載された金額の確認に利用

7. 戸籍の附票の写し(令和4年1月1日以降、複数回転居された方のみ)

申請期限

令和5年1月31日(火)消印有効

 

家計急変世帯の判定方法

世帯全員それぞれの、令和4年1月~12月の任意の1カ月の収入を年収に換算して判定します。収入の種類は給与、事業、不動産、年金です。

※非課税の公的年金収入(遺族年金等)は除く

※令和4年度住民税非課税世帯等臨時特別給付金(10万円)の家計急変世帯として申請する際に指定した任意の一カ月と同じ月を指定していただいてもかまいません。



非課税相当水準の収入(所得)は世帯構成により異なりますので、下記の表(給与所得の場合)をご確認ください。

表1

家族構成例
非課税相当限度額
(収入額ベース)
非課税限度額
(所得額ベース)
単身または扶養親族がいない場合

100.0万円
45.0万円
配偶者・扶養親族(計1名)
を扶養している場合
156.0万円
101.0万円
配偶者・扶養親族(計2名)
を扶養している場合
205.7万円 136.0万円
配偶者・扶養親族(計3名)
を扶養している場合
255.7万円 171.0万円
配偶者・扶養親族(計4名)
を扶養している場合
305.7万円 206.0万円

表2

障害者、寡婦、ひとり親の場合
204.3万円
135.0万円


※表2に該当する世帯であっても、2名以上扶養している場合は、表1の限度額を適用します。
   例えば、表2の世帯で扶養者が2名の場合は、表1の205.7(136.0)万円の限度額を適用します。

※所得は「令和4年1月~12月の任意の1カ月収入を12倍した金額」から給与所得控除額・経費等を減額して算出します。

※基準日(令和4年9月30日)に同一世帯だった親族が、基準日翌日以降に別世帯として同一住所に住民登録した場合(世帯分離)は、
   同一世帯とみなします。同一住所に登録されている一方の世帯が給付金を受給した場合、もう一方の世帯は給付金の対象外となります。

家計急変世帯相談窓口を開設します

お手続きが不安な方に向けて、相談窓口を第二庁舎3階で開設しています。
窓口でのご相談は事前予約が必要です。下記の2通りで予約をお取りください。
(1)LINEでの予約(11月7日よりご相談の予約が可能です)
 LINE品川区公式アカウントを登録(友だち追加)していただき、「給付金相談」とコメントしてください。
 予約案内がLINEで表示されますので、必要事項を入力して予約を完了してください。
 LINE品川区公式アカウントの登録(友だち追加)方法は下記をご参照ください。
 LINE品川区公式アカウント登録方法
     
(2)電話での予約
 品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンター(電話:050-3171-8490)へ電話をして予約をお願いします。

※窓口相談は「家計急変世帯給付金」のみです。窓口相談の際は、家計急変世帯給付金申請の必要な書類をご準備ください。
※ご不明点については、品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンター(電話:050-3171-8490)へお問い合わせください。
※令和4年度住民税非課税世帯向け、家計急変世帯向けの給付金制度は、いずれも原則として世帯の全員が、住民税が課税されている親族等に扶養を受けている世帯を除きます。(例外は下記「その他のご案内」をご確認ください)
 

制度についてのお問い合わせ

その他ご案内

以下に該当する方は、ご自身での申請が必要になります。
住民税非課税世帯分の申請書はこちらからダウンロードしてください。
住民税非課税世帯分申請書(様式第2号)(PDF:197KB) 記入例(様式第2号)(PDF:410KB)


配偶者やその他親族からの暴力など(DV)を理由に避難している方

DV等で住民票を動かさず、品川区に避難中の方も、電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金を受給できる可能性があります。
住民票上の世帯主が既に給付金を受け取っていても、一定の要件(DV避難中であることの証明と収入要件)を満たせば、受給することができます。
給付金を受給する手続きについては、品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンターへお問い合わせください。
申請には、下記申出書と申出内容を証明する書類が必要です。
DV等避難申出書(PDF : 102KB)


住民登録をされていない方

基準日(令和4年9月30日)において、いずれの市区町村にも住民登録がない場合は
基準日の翌日以降であっても、住民登録の手続きを行い住民票が作成されたうえで、他の要件を満たせば、給付の対象となります。

基準日の翌日以降に、異動日を基準日以前とする転入届出をした世帯

令和4年10月1日以降に、品川区へ令和4年9月30日以前を異動日とする転入届を出された世帯は、確認書が発送されないため、申請が必要です。
お心当たりのある方は品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンターへお問い合わせください。

令和4年1月1日以降で複数回転居された方

課税状況を照会するのに時間を要します。また、場合によっては前住所地へ照会できない場合もあり、その際は申請が必要です。
お心当たりのある方でお急ぎの場合は、品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンターへお問い合わせください。なお、その場合はご自身で令和4年度住民税非課税証明書を取得し、申請していただく必要があります。

世帯の全員が、住民税が課税されている親族等に扶養を受けている世帯

原則として、住民税が課税されている親族等に世帯全員が扶養されている場合、給付金の受給対象外となります。
しかし例外として、基準日(令和4年9月30日)時点で、離婚・死別・行方不明・DV・措置入所の状況がある方については、受給できる可能性が
ありますので、品川区価格高騰緊急支援給付金コールセンターへお問い合わせください。

お問い合わせ先【共通】

品川区電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金コールセンター
電話:050-3171-8490
受付時間:午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)


提出先

〒140-8715
品川区広町2-1-36 品川区役所
品川区電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金事務センター あて


詐欺にご注意ください

「電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金」に関する〈振り込め詐欺〉や〈個人情報の詐取〉にご注意ください。
品川区からお問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
もし、不審な電話がかかってきた場合には、すぐに品川区の窓口または最寄りの警察にご連絡ください。


内閣府コールセンター(制度についてのお問い合わせ)

電話:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

お問い合わせ

品川区電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金コールセンター
電話:050-3171-8490
受付時間:午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)