里帰り等妊婦健診費・新生児聴覚検査費助成

更新日:令和4年4月20日

里帰りなどにより妊婦健康診査等を受診し、受診票を使用できなかった場合に費用を助成します。
助成の対象となる健(検)診は「妊娠届」の手続き以降のものに限ります。

 

次のような場合が対象となります

  • 東京都以外の地域で妊婦健康診査、妊婦超音波検査、妊婦子宮頸がん検診、新生児聴覚検査を受けた場合(国内の医療機関等に限ります)
  • 東京都内の医療機関であっても契約医療機関でないところで妊婦健康診査、新生児聴覚検査を受診した場合(助産院も対象になります)

申請には、未使用の「妊婦健康診査受診票」「妊婦超音波検査受診票」「妊婦子宮頸がん検診受診票」「新生児聴覚検査受診票」
の返却が必要です。
交付した健診受診票を都内の契約医療機関で利用して、お手元に受診票が残ってない方は、この制度の対象とはなりません。

利用できる方

 対象となる健(検)診の受診日現在、区内に住所を有する方

対象となる健診と助成上限額、助成回数

(助成限度額は、変更になる場合があります。)

 

「(1回目)妊婦健康診査受診票」
※助産院は不可
一人1回のみ
10,850円を上限として医療機関に支払った額
「(2回目以降)妊婦健康診査受診票」
一人あたり最大13回まで
健診回数に応じて
   1回あたり5,070円を上限として
           医療機関に支払った額
「超音波検診受診票」
※助産院は不可
一人1回のみ
5,300円を上限として医療機関に支払った額
「妊婦子宮頸がん検診受診票」
※助産院は不可
一人1回のみ
3,400円を上限として医療機関に支払った額
「新生児聴覚検査受診票」
一人1回のみ
3,000円を上限として医療機関に支払った額

※(1回目)妊婦健康診査、超音波検査と子宮頸がん検診については、助産院での健診費の助成申請はできません。

申請できる期間

 出産の日から1年以内(満1歳の誕生日の前日まで)に申請してください。

(窓口申請は提出日。郵送申請の場合は消印日で判断します。)

 

申請方法

 所定の申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類等を添えて下記の窓口へお持ちください。

  

必要書類

(1)妊婦健診費・新生児聴覚検査費(里帰り等)助成申請書 (申請者ご自身が記載してください。)
 申請書は、母子健康手帳交付時にお渡ししています。
   手元にない場合等には、下記の申請書を印刷して申請してください。また、下記窓口でもお渡しできます。
 申請書の記入方法は、記入見本をご確認ください。

 妊婦健診費・新生児聴覚検査費(里帰り等)助成申請書(PDF : 49KB)
 申請書記入見本(PDF : 100KB)
 
  
(2)申請内容に応じた、未使用の受診票

  • 未使用の「(1回目)妊婦健康診査受診票」(水色)
  • 未使用の「(2回目以降)妊婦健康診査受診票」(黄色)
  • 未使用の「妊婦超音波検査受診票」
  • 未使用の「妊婦子宮頸がん検診受診票」
  • 未使用の「新生児聴覚検査受診票」

(3)親子健康手帳(母子健康手帳)(申請する検査の受診年月日の記録、実施機関が記載されていること)

(4)対象となる検査を受けた際の領収書・診療明細書(窓口で確認後、お返しします)

※申請の際は、印鑑をお持ちください。(スタンプ式印は不可)
※(3)、(4)について、郵送申請の場合はお問い合わせください。

 

支給方法

 申請書に記載されている口座に振り込みます。

 

手続き窓口 【地図】

区役所健康課 [地図]

品川保健センター [地図]

大井保健センター [地図]

荏原保健センター [地図]

 

受付時間

平日(月曜日~金曜日。祝日・年末年始を除く。)午前8時30分~午後5時

お問い合わせ

区役所健康課 電話:03-5742-6745
品川保健センター 電話:03-3474-2225
大井保健センター 電話:03-3772-2666
荏原保健センター 電話:03-3788-7014