品川区公共施設有効活用プラン

更新日:2015年3月11日

区は、昭和30年代から40年代にかけての高度経済成長期を中心に、人口の増加や行政需要の急速な拡大に対応するため、小・中学校や保育園などの施設整備を積極的に進めてきました。
 そのため、現在、区有施設全体の約6割が建築後30年を経過し、老朽化に伴う施設の維持保全が大きな課題となっています。
 また、品川区の人口推計によれば、少子高齢化の急速な進行とともに、概ね10年後には、現在微増傾向にある人口が減少に転じる見込みであり、今後は、行政需要の変化に対する柔軟な対応が求められます。
 本プランは、区民の貴重な財産である区有施設の現状や課題を整理し、より効果的・効率的に区民サービスを提供するための区有施設の今後の方向性を明らかにすることを目的に取りまとめました。
* 施設に関するデータは、原則として平成24年4月1日現在です。その後の施設の新設・統合・改修・増改築等により、現状とは異なっている場合があります。
お問い合わせ

企画調整課
 電話:03-5742-6607
 FAX:03-5742-6870