「品川区2020年東京オリンピック・パラリンピック推進本部」第3回本部会議 開催

更新日:平成28年3月23日

平成27年度最後となる第3回「品川区2020年オリンピック・パラリンピック推進本部」会議が3月23日(水)、区役所で開催された。

 同推進本部は、2020年東京五輪・パラリンピック競技大会開催に向け、様々な課題について調査・検討を行うとともに、全庁的な情報の一元化・共有を図り、事業化を決定していくことを目的に、平成27年4月1日に設置された。濱野健 品川区長が本部長を務め、全部長級職員により構成されている。

 会議に先立ち、本部長である濱野健 品川区長が、「区内でホッケー、ビーチバレーボール、ブラインドサッカーの3競技が開催されることを、より一層、区民へ周知してもらいたい」と指摘。その後、各所管より、競技会場や水辺空間活用など国・都・組織委員会の動きについて、それぞれ報告が行われ、大井ホッケー競技場(都立大井ふ頭中央海浜公園)の大会中と大会後の利用や感染症についてなど、活発な意見交換が行われた。

 また、事務局から、平成27年度の実績報告に加え、区内開催3競技他オリンピック・パラリンピック競技関連周知ツールの公共施設への設置、区民参画事業(区民アイデア公募、文集募集他)など、平成28年度の特徴的な事業を説明。続いて、各部・教育委員会も各々展開する関連事業について紹介し、2020年に向けた全庁的な取り組みとして、情報の共有化を行った。

 平成28年度も、引き続き推進本部会議を開催していく予定である。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631