熊本地震の被災地への支援~物資の搬送と義援金箱の設置~

更新日:平成28年4月18日

区は4月18日(月)、被災者支援のため、支援物資5品目をトラックに積み込み、被災地へ搬送するともに、区内14カ所に義援金箱を設置した。

 4月14日に熊本地方を震源とする地震が発生し、甚大な被害が生じており、4月16日には、熊本市から特別区長会に物資の提供等の援助要請があった。これを受け、区は4月17日・18日の両日、熊本地震被災地支援に向けた本部会議を開催。区は支援本部長である濱野区長の「速やかな対応に努めるように」との指示のもと、支援内容を検討し決定した。

 4月18日、被災者支援のための援助要請のあった支援物資のうち飲料水など5品目を11トンと3トンのトラック2台に積み込み、被災地へ搬送した。

【支援物資5品目の内訳】
 (1)飲料水:1.5リットルのペットボトル600本
 (2)アルファ化米:2万食
 (3)簡易トイレ:2万回分
 (4)毛布:2千枚
 (5)ブルーシート:2千枚

 また、義援金箱は、区内13地域センターと区役所の計14カ所に設置。預かった義援金は、区が後日、被災自治体へ届ける予定である。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631