初開催 名球会・宮本慎也さんが保育園で野球教室

更新日:平成28年5月12日

平成24年5月に2000本安打を達成した元東京ヤクルトスワローズの宮本慎也さん(45)が5月12日(木)、区立北品川第二保育園(北品川3-7-43)を訪れ、5歳児クラスの園児18人に対して野球教室を行った。宮本さんが区立保育園児を対象に野球教室を行うのは、今回が初めて。

 この野球教室は、区内在住である宮本さんが、少しでも多くの子どもたちに野球を知ってもらい、野球人口を増やすきっかけになればと、品川区に提案して実現したもの。野球教室で使用したのは、園児でも安全に遊べるように、大きいスポンジ状のボールと振ると「カキーン」と音のなるミニバット。園児たちは、2チームに分かれて得点を競い合いながら、「ボールを投げる」「ボールを打つ」など野球の基本を楽しく教わった。

 教室は、準備体操に続いて、「ボールを投げる」体験からスタート。ボールが飛んだ距離に応じて得点がアップするゲーム形式で行われ、必死になって投げる園児たちの姿に、宮本さんも思わず笑顔を見せていた。次に行われたのは「サインゲーム」。宮本さんが顔や胸、足などを連続で触り、最後に触った部分によって、すべり台や砂場へ行くというルールで行われ、園児たちは、サインを見逃さないように宮本さんの動きを真剣に見つめていた。バッティングティーを使った「ボールを打つ」体験では、バットの持ち方や左右どちらの打席で打つかなど、園児一人ひとりに対して丁寧に指導。約5メートル先の鉄棒を越えたら「ホームラン」になるルールで、園児たちは、体を大きく回転させて特大アーチを狙っていた。

 最後に行われた試合では、砂場や鉄棒などをベースに見立て、園庭がベースボールスタジアムに早変わり。園児たちは、ボールを打って、投げて、園庭いっぱいに走り回りながら、野球を存分に楽しんでいた。

 宮本さんは、同園にボール6個・バット1本・バッティングティー1台をプレゼントし、「また、みんなで野球を楽しんでね」とメッセージを送った。初の野球教室を終え、「これをきっかけに、子どもたちが野球を身近に感じて、小学校で野球をやってみたいと思ってもらえるとうれしい。これから1年間、区内の保育園を回り、野球の楽しさを伝えていきたい」と抱負を語った。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631