夏本番 五反田駅前でヒマワリが咲き始める

更新日:平成28年8月10日

~種まきしたのは義務教育学校・日野学園の児童たち~

 五反田駅東口駅前広場の花壇に植えられた100本を超えるヒマワリが、夏の日差しを浴びながら花を咲かせ始めている。

 このヒマワリを栽培する取り組みは、地元の6町会(五反田一丁目町会、東五反田みづほ町会、五反田中部町会、五反田東口町会、島津山自生会、五反田睦町会)、1商店会(五反田駅前商店会)、3つの学校(区立日野学園、区立第三日野小学校、清泉女子大学)で構成するボランティア団体「五反田駅前をきれいにする会」によって、平成18年から始められた。毎年4~5月に、区立小学校の児童たちが種まきを行っている。

 今年は5月6日、日野学園(東五反田2-11-2)の5年生93人が種まきに参加し、ハトなどから芽を守るためにネットをかけるなど、丹精を込めて育ててきた。夏は、各町会が毎日交代で朝6時から水やりをしているという。

 8月12日(金)、五反田駅の利用者や外国人観光客などが足をとめ、スマートフォンでヒマワリを撮影する場面も見られた。

 「五反田駅前をきれいにする会」の伊与田 正志(いよだ まさし)会長は、「今年は、葉も大きく茎も太く、元気に育ってくれた。前を通る人が『今年もきれいに咲いたね』と言ってくれるのが何よりうれしい。もう少し雨が降ってくれると助かるね」と、ヒマワリを思いやっていた。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631