天王洲アイルで「アール・ブリュット展」開催

更新日:平成28年11月7日

「アール・ブリュット展 in 天王洲」のオープニングセレモニーが平成28年11月7日(月)、天王洲セントラルタワー(東品川2-2-24)で開催され、品川区民のアール・ブリュット作家、高井知之さん(22)もセレモニーに参加した。

 フランス語で「生(き)の芸術」を意味する「アール・ブリュット」とは、正規の美術教育を受けていない人たちが、独自の発想と方法によってつくり出した作品を表す。日本では、主に障害者福祉の分野から発掘されることが多く、作家には障害者が多く存在する。

 同展示会は、天王洲セントラルタワー1階と天王洲ファーストタワー(東品川2-2-4)1階で7日(月)~17日(木)の平日に開催されるほか、19日(土)には寺田倉庫「T-Art Gallery」で作品展示に加え、ワークショップやトークイベントが開催される。また、期間中は、スフィアタワー天王洲(東品川2-2-8)と東京モノレール「天王洲アイル駅」にバナー、ポスターが展示されるなど、天王洲アイル一帯が“生のままの芸術”の世界に包まれている。

 各会場には、日本全国のアール・ブリュット作家11人による作品 約90点が展示され、品川区民の高井知之さんも作品を出展している。高井さんの出展作品は、丸い太陽、三角形の山や家が描かれ、カラフルな色彩が印象的だ。これらの作品は、旅行先で見たものや展覧会図録の中で気に入った絵などをモチーフに、自宅でいつも決まった時間に描いているという。高井さんは、美術館めぐりが好きで、「お気に入りの画家は“ピカソ”」と話していた。母の尚子(ひさこ)さんは「息子はやさしさを100倍にして返してくれる。障害者は『心がやさしい』と言葉で説明しても本当に理解してもらうのは難しい。絵や演劇といった芸術活動を表現できる場を提供し、みなさんに見てもらうことが大切」と思いを語りました。

 同展示会のほか、品川区では、区立の障害者福祉施設に毎月アートディレクターを派遣し、作家の発掘、創作活動の環境設定、施設職員へのアドバイスなどを実施するなど、障害者の芸術活動支援に取り組んでいる。今後も福祉分野に限らず、障害者が、地域で当たり前に暮らすことができるように、誰もが相互に人格と個性を尊重しあい、人々の多様なあり方を認め合える「全員参加型の地域社会」の実現を目指し、様々な施策に取り組んでいく。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631