23区初!区役所内で東京2020公式オリジナル商品の販売開始

更新日:平成28年12月13日

品川区は平成28年12月14日(水)、区役所第2庁舎2階の「Yショップふれあい売店」で、東京2020オリンピック・パラリンピック公式オリジナル商品の販売を開始した。区役所内で公式オリジナル商品を販売するのは、23区で初めて。

 販売する商品は、以下の6品目(初回入荷数は(1)~(4)各10個、(5)~(6)各5個)。期間限定ではなく、継続して販売する。また、ラインナップも順次増やしていく予定だ。

(1)東京2020オリンピックエンブレム   ピンバッジ  600円(税別)
(2)東京2020オリンピックエンブレム   ネックストラップ 1,200円(税別)
(3)東京2020パラリンピックエンブレム  ピンバッジ  600円(税別)
(4)東京2020パラリンピックエンブレム  ネックストラップ 1,200円(税別)
(5)JOCエンブレム  ピンバッジ  600円(税別)
(6)JPCエンブレム  ピンバッジ  600円(税別)

 商品を取り扱う「Yショップふれあい売店」は、平成26年5月、庁舎内スペースを活用してオープンしたコンビニで、一般客の利用も可能。社会福祉法人品川区社会福祉協議会が運営し、障害者の雇用の場としても活用している。営業時間は、平日の午前8時~午後4時まで、土・日・祝日は休業。

 区の担当者は、「多くの区民や職員などに愛されているこの売店で、公式オリジナル商品を販売できることは素晴らしいこと。障害者の雇用の場でもあるので、この機会に、パラリンピックへの関心も高めてほしい」と思いを話していた。また、ネックストラップを購入した若手職員は、「ずっと公式グッズが欲しかったけれど、どこで売っているのかよく分からなかった。これからは、区役所内で買うことができるのでうれしい」と笑顔で話し、早速、ネックストラップを首にかけていた。

 なお、品川区では、東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーが平成29年1月14日(土)、総合体育館(東五反田2-11-2)で行われ、1月15日(日)~1月20日(金)には、品川区役所本庁舎3階の総合受付横にフラッグを展示する予定。2020年には、品川区内ではビーチバレーボールとホッケーが開催される。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631