リオから品川へ 東京2020フラッグツアー開催

更新日:平成29年1月14日

~アンバサダーは区民・小谷実可子さん 応援マスコットキャラクターも披露~

 「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」の歓迎セレモニーが平成29年1月14日(土)、品川区立総合体育館(東五反田2-11-2)で開催され、約1,000人の区民が参加した。

 このフラッグツアーは、東京都、東京2020組織委員会、JOC、JPCが主催。リオ2016オリンピック・パラリンピックの各閉会式で、パエス リオ市長から小池百合子 東京都知事へと受け継がれたからオリンピックフラッグ、パラリンピックフラッグが日本に上陸し、平成28年10月8日(土)から都内全62区市町村を巡回している。そして、1月14日(土)、リオから品川区へと2本のフラッグがつながった。

 品川区にフラッグをつないだアンバサダーは、品川区民で、ソウル1988大会のシンクロナイズドスイミング ソロ・デュエットで銅メダルを獲得した小谷実可子さん。小谷さんから「地元の品川にフラッグを届けられて光栄です。世界中のアスリートの脳裏に焼き付くような熱い応援をしてください」とエールが送られた。フラッグを受け取った濱野健 品川区長は「東京2020大会は“子どもたちへの夢のバトンタッチ“です。東京1964大会を経験した大人は、その記憶を子どもたちに話してあげてください」と語り、区立中学校・義務教育学校15校の生徒会長たちと一緒になってフラッグを大きく振り、東京2020大会への熱い思いを表した。

 フラッグは1月15日(日)~20日(金)、区役所本庁舎3階の総合受付横に展示され、開庁時間であれば誰でも自由に観覧することができる。

 フラッグ歓迎セレモニーと合わせて、品川区は、区内開催競技のホッケー、ビーチバレーボールとブラインドサッカーを応援するマスコットキャラクターをお披露目した。このキャラクターたちは公募によって誕生したもので、今後、関連イベント等に登場し、3競技や東京2020大会をPRする。また、会場では、ブラインドサッカー、ボッチャ、シッティングバレー等が体験できる「ユニバーサルスポーツ体験会」も同時開催され、多くの子どもたちでにぎわった。

【品川区3競技と応援マスコットキャラクター】
1.ホッケー「シナカモン」
 熱血精神のユリカモメ。カモーン!が口癖。
2.ビーチバレーボール「ビーチュウ」
 ビーチで育ったネズミ。体重はビーチバレーボール3個分。
3.ブラインドサッカー「やたたま」
 勝利を導くヤタガラスにあこがれる妖怪・猫又。しっぽが3本!?

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870