小学生ドッジボールチームが都大会3連覇を区長に報告

更新日:平成29年3月1日

~昨年の春大会から3連覇達成 ベガーズ源氏前~

小学生ドッジボールチーム「Vegaes(ベガーズ)源氏前」が平成29年3月1日(水)、第26回春の全国小学生ドッジボール選手権東京大会での優勝と全国大会出場を濱野区長に報告した。

同チームの創設は平成5年で、現在、小学1~6年生約30人が所属し、源氏前小学校(中延6)や旗の台文化センター(旗の台5)を拠点に活動している。昨年春の都大会から、今回で3連覇の快挙となった。また、昨年11月に香港で開催されたアジアカップではU-13男子・日本代表として出場し、アジア2位の成績を収めた。

選手を代表して、主将の6年生の池上選手が区長へ「3連覇というプレッシャーがあったが優勝できてよかった。全国大会でも優勝を目指します」と意気込みを話した。同チームの波多野コーチは、これまでの都大会、全国大会、アジア大会の結果を報告。「全国大会では、ベスト8、3位と成績をあげているので、今回は優勝を狙っています」と日本一への思いを話した。

優勝報告を受けた濱野区長は「スポーツは体力や精神力、仲間と協力する力が身につきます。そして、大きな舞台に立つという自信は、大人になって必ず役に立ちます。ドッジボールで得た自信を胸に、いろいろなことにチャレンジしてほしい」と子どもたちにエールを送り、保護者の方へ感謝の言葉を述べた。

最後に、6年生の橋本選手が「全国の頂点に立ちます!」と力強く決意表明した。

第26回春の全国小学生ドッジボール選手権全国大会は3月26日(日)、北九州メディアドーム(福岡県北九州市)で開催される。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870