【事前】3月24日 ブラインドサッカーのブラジル代表チームを品川歴史館で“お・も・て・な・し”

更新日:平成29年3月21日

~ 東京2020大会ブラジルチームの事前キャンプ誘致に向けて! ~

 ブラインドサッカーパラリンピック4連覇中で世界ランク1位のブラジル代表チームが平成29年3月24日(金)、品川歴史館(大井6-11-1)を訪問し、日本の歴史・文化にふれる。

 区は平成28年8月、来たる東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向け、視察団をブラジルリオデジャネイロに派遣し、ブラジル視覚障害者スポーツ連盟(以下「CBDV」)のサンドロ・レイナ会長らと懇談。東京2020大会における品川区での事前キャンプ実施等について交渉してきた。

 また、区は3月21日(火)、同チームと日本代表との国際親善試合に合わせて来日していたCBDVと再び懇談する機会を得た。その席で、濱野 健 品川区長が自ら、「2020年のパラリンピックでは、是非、品川区で事前キャンプを」とラブコール。区の熱い思いを受け止めたサンドロ会長は、「天王洲はすばらしい練習会場。今度、選手達が練習し事前キャンプ地について考えるはず。パラリンピックに力を入れている品川区で事前キャンプを行うことが良いことだ」と好印象の様子だった。

1.日時  平成29年3月24日(金)午前11時から
(受付開始:午前10時30分)

2. 会場  品川歴史館(大井6-11-1)
 
3. その他 当日取材ご希望の方は、3月23日(木)正午までに、広報広聴課へご連絡(メールまたは電話03-5742-6631)ください。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870