“コイ”のように元気に育て! 校庭の空を舞う109匹のこいのぼり

更新日:平成29年4月21日

区立三木小学校(西品川3-16-28、岸校長)で4月21日(金)、「こいのぼり上げ」が行われた。この行事は昭和58年の開校60周年事業として始まり、毎年PTAや同窓会、地域の方などからこいのぼりが寄せられ、今年は全体で109匹となった。

はじめに同校の校長は「コイのように、元気に立派に育ってほしいという願いから、こいのぼり上げが始まりました。三木小でこいのぼりを上げているわけを下級生に伝えてください」と語った。同窓会会長からは、新しいロープとこいのぼり4匹が児童へ贈られた。

こいのぼりを上げるのは、6年生の役目。初めての大役に、ある女の子は「うまくできるか緊張する~」と期待と不安が入り混じる様子。児童の身長を超える大きなこいのぼりを、PTAや同窓会など大人の手を借りながら無事に空へと放った。カラフルなこいのぼりが空へ舞いあがると、児童たちの目が輝いた。

最後に6年生の代表は「こいのぼりのように、楽しく元気に学校生活を送りたいです。こいのぼり上げを通して6年生としての自覚が芽生えました。下級生を引っ張っていきたいです」と述べた。

 地域の大人たちに見守られながら、こいのぼりは5月8日(月)まで校庭の空を舞う。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631