5・24城南空襲を語り継ぐ~語り部は次世代に

更新日:平成29年5月21日

「城南空襲を語る」会が平成29年5月21日(日)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で開催された。

 終戦間際の昭和20年5月24日、520機のB29が襲来し荏原区(現品川区荏原地域)の約7割が全焼した。品川区民にもあまり知られていない、この空襲の体験を語り継いでいるのが「城南空襲を語り継ぐ会(中野登美 会長)」。毎年、この時期にパネル展と体験談を語る会を催している。

 今年は、疎開から空襲直後に実家に帰ってきた中野さんの体験談に加え、終戦の年に生まれた米屋陽一さんが母から聞いた話を、疎開をしていて空襲は体験していないという新島訓子さんが兄から聞いた話を語った。

 また、城南空襲と戦争体験者の声を集めた区広報DVDの上映と、当時の記憶を絵画に残した小島義一さんの空襲の画を展示。会場を訪れた人たちは、真剣に画面と絵に見入っていた。

 今朝、新聞でこのイベントを知ったという臼井さんは、疎開体験者。会場で72年ぶりに同窓生と再会し感無量の様子で、昔話と近況報告に花を咲かせていた。

同会の中野さんは「このようなことは、実際に体験してはいけない。聞いたことを追体験として次の人に伝えていってほしい」と話した。

区では、平成27年から28年にかけて「戦後70周年特別番組」として「いま聞いておきたいあの日の記憶 3部作」を制作。YouTube品川区公式チャンネル「しながわネットTV」で視聴できる。
この日上映したのは「第2部 昭和20年5月24日城南大空襲」と「第1部 子どもたちの戦争」のダイジェスト。
https://www.youtube.com/playlist?list=PL8B-p11mIyo7jcd0xG_KB0FajHBBsfdui

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631