【事前】5・26 区内初! 高齢者見守りネットワーク模擬訓練

更新日:平成29年5月24日

~ 認知症になっても暮らしやすい地域づくりを目指して ~

 品川区は平成29年5月26日(金)、品川第二地域センター(南品川5)管轄内で、高齢者見守りネットワークの模擬訓練を初めて実施する。

 区は“品川くるみ高齢者見守りアイテム”(衣服につけるアイロンシール、靴反射シール、キーホルダー)を配布し、行方不明時の早期発見・身元判明を図るため高齢者見守りネットワークを構築するなど、“認知症になっても暮らしやすい地域づくり”を推進している。
 平成25年より品川第二地区では、その具体策を検討する「認知症サポーター会議」を実施してきた。今回、認知症サポーター会議参加者から「認知症の理解は深まったが、認知症らしき方を見かけた際の対応が不安だ」との声が寄せられ、訓練開催の運びとなった。


 当日は、今回、座学で認知症について学んだ認知症サポーター数人でグループを編成。それぞれのグループが、認知症役の参加者4人を探し、声をかけ、在宅介護センターや警察などの関係機関へ発見連絡するまでの流れを訓練する。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631