「上大崎特別養護老人ホーム」が落成

更新日:平成29年5月24日

「上大崎特別養護老人ホーム」(上大崎3-10-7)が完成し、平成29年5月24日(水)に落成式が行われた。

 区では高齢期を住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、地域バランスに応じて介護拠点を整備している。同ホームは区内で11拠点目となる。

 全室個室の「特養ホーム」(定員102人)と、区内施設での最大定員39人を擁する「ショートステイ」を整備しているほか、震災等の災害時には福祉避難所として機能する「防災拠点型地域交流スペース」、上大崎地区の在宅介護を支援する訪問介護事業所「ヘルパーステーション上大崎」を備えている。また、クリニックも併設し、医療必要度の高い利用者へも対応する。クリニックの医師が同ホーム入居者への定期的な診療を実施するほか、地域住民の診療も行う。

 落成式では、濱野 健区長が「高齢化社会を迎え様々なニーズに応えるための、合理的で機能的な施設です。地域にとって役立つものになるよう、施設を大いに活用いただきたい」とあいさつ。地元の上大崎目黒駅前町会 中崎会長は「近所に生まれたので思い出のある場所。スタッフの方々には、地域住民と交流を深め、地域に溶け込んでいただきたい」と祝辞を述べた。

 「上大崎特別養護老人ホーム」は6月から開所し、管理・運営は社会福祉法人愛生福祉会が行う。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631