デフリンピックを広めたい! ろう学校生徒が区役所に相談

更新日:平成29年6月28日

耳の聞こえない子、聞こえにくい子が通う私立明晴学園(八潮5-2-1)の中等部の生徒5人が、平成29年6月28日(水)、ろう者のオリンピック「デフリンピック」普及のための相談に区役所を訪れた。

 同学園では品川区の公立小中学校で行っている特別教科「市民科」を2008年開校当初から取り入れている。デフリンピックの普及活動は「大会の認知度を上げるために自分たちにできることをやってみる」をテーマに市民科の授業として行っている。生徒たちが作成した大会啓発ツールには、動画、クイズ形式の紙芝居、ポスターがあり、この日はポスターを大勢の人に見てもらいたいと相談。

 生徒たちは「ポスターはどこに貼れるか」「どのような手続きが必要か」など、ホワイトボードを用い筆談で質問、区職員がそれに答えるやりとりを行った。

 同学園の島村満里子市民科担当教諭は「校外学習で外部に見学へ行くことはありますが、今回のように相談したり交渉したりするのは初めてです。生徒たちにとっては、手話が第一言語で、日本語は第二言語。日本語を書きながら職員の方と話し合えたことは、生徒たちにとって貴重な経験となりました」と話した。

 「デフリンピック」はろう者のオリンピックとして開催される国際的なスポーツ大会で、平成29年7月18日から30日まで第23回夏季デフリンピック競技大会がトルコで開催される。訪れた生徒の中には、次期デフリンピックの強化選手(卓球)に選抜され練習を積んでいる生徒もおり、期待がかかる。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631