埋蔵文化財発掘調査見学会を開催

更新日:平成29年7月15日

~ 小学校改築現場から埋蔵文化財が出土 ~

 区が改築工事を進めている区立城南小学校・幼稚園(南品川2-8-21)では、現在埋蔵文化財発掘調査が行われており、平成29年7月15日(土)、見学会が行われた。

 今回見学の対象となったのは、明治末年に建設された木造2階建ての校舎の遺構。この校舎は60年前まで使われており、その後埋められ校庭となったため、大変良好な状態で出土した。地域にはこの校舎で学んだ方も多く、幅広い世代が小学校について語る機会になればと、今回見学会を開催する運びとなった。

 この小学校建設にあたっては、海に近く砂交じりの弱い地盤だったのを改良するため、粘土質の土を運び込み、敷地全体に固く敷き詰め、その厚さは1mに及ぶ場所もあったことが今回の調査で明らかになった。また校舎は、土台にコンクリートやレンガを使って建てられ、さらに中庭を持つなど、当時の「町の小学校」としてはかなりモダンな造りであることが、遺構から伺うことができた。

 この日は、遺構の見学のほか、昭和20年代に撮影された校舎の全景写真、これまで出土した江戸時代の瓦や陶磁器、中世の宝篋印塔(ほうきょういんとう)の一部なども併せて展示し、調査事業者による発掘状況の説明も行った。

 現地は中世の港湾都市・品川の繁栄を象徴する寺院である妙国寺(現 天妙国寺)の敷地だった時期が長く、旧東海道に面することから、幅広い時代の埋蔵文化財の発見が期待されている。

 見学には、曾祖父がこの小学校に通っていたという人、歴史に興味のある親子連れなど、多くの人が訪れ、昔に思いをはせていた。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631