NPO法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークと災害時の簡易間仕切り供給の協定を締結

更新日:平成29年10月25日

品川区は平成29年10月25日(水)、特定非営利活動法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークと災害時等における簡易間仕切り等の供給に関する協定を締結し、調印式を行った。

 大規模災害時における慣れない避難所生活では、“プライバシーの確保が難しい”“身体への負担が大きく十分な睡眠をとりにくい”などの課題がある。このため、区は同協定の締結を通じ、災害時に同法人から「簡易間仕切り」「段ボール製のベッド」の供給を受け、避難所生活者の環境改善を図る。

 今回、同法人の代表を務める建築家の坂 茂(ばん しげる)さんが29年2月に開催された特別区区長会における簡易間仕切りの紹介をきっかけに協定締結の運びとなった。

 調印式では、濱野区長が「避難所生活でプライバシーの保護や、エコノミークラス症候群の防止など、いざという時に、区民が安心して避難所で生活を送れる環境を整備できました」とあいさつ。また、坂代表理事は「提供することとなりました間仕切りとベッドは、過去に起こった震災時から改良を重ねてきたものです。今後も他の自治体にも提供できるよう活動していきたい」と抱負を語った。

 また、この日、「簡易間仕切り」と「段ボール製のベッド」の実物を式典会場に展示。それぞれの特長等を坂代表理事から説明を受けた濱野区長は、実際に段ボール製のベッドに寝たり座ったりし「造りがしっかりしている」と感想を話していた。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631