冬の風物詩「こも巻き」が戸越公園にお目見え

更新日:平成29年11月7日

立冬を迎えた11月7日(火)、区立戸越公園(豊町2-1)で「松のこも(わらの帯)巻き」が行なわれた。

 こも巻きとは、松を害虫から守るための伝統的手法。害虫が寒さをしのぐために松の枝葉から地中に潜ろうとするところを、木の幹に巻きつけたわらにおびきよせ、3月上旬虫たちが目覚める前にわらを焼却する。なお、わらを外すとき害虫だけを選んで廃棄している。農薬を使わずに害虫を駆除することから、環境にやさしい害虫駆除方法だといわれている。

 わらの上部を縛るひもは虫が入るように緩く、下部はきつくする。「いぼ結び」という結び方で、公園管理者がわらで編まれた「こも」を手際よく巻き付けていった。

 戸越公園は、肥後(熊本)藩細川家の下屋敷の庭園を利用した優雅な公園で、大小さまざまな松が約40本植樹されている。この松に、例年、立冬を迎えるこの時期にこも巻きを実施。こもに巻かれた松の木が、間近に迫った冬の到来を物語っていた。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631